0期生募集中

トレストFXを徹底的にレビュー&大量特典

ヘッジファンドの動きを利用する、

テクニカルとファンダメンタルの

融合教材。

「テクニカル分析は学んだけど・・・」という方へ。

比べることのできない、

ここにしかないスイング手法教材!


 

[deco_bg image=”postit1″ width=””]

特徴

・スイング手法

・メインの使う足は4時間足(1時間足もあり)

・ファンダメンタルズとテクニカル分析の融合手法

・エントリータイミングが明確

・決済タイミングが明確

・リアルトレード動画あり

・毎月オンラインセミナー開催

・パラボリック、4本の移動平均線を活用

・ヘッジファンドのポジションを確認し乗っかる手法

・相場の転換点も予想できる

・大量特典付き(当サイト限定)

[/deco_bg]

 

 

どうも、専業投資家Fxです。

 

今回はダイスケさんの

「トレンドストライクFX」についてレビューをしていきます。

 

 

トレストFXの醍醐味でもある、

「テクニカル分析とファンダメンタル分析の融合」とはなんなのか?

それについて暴露していきます。

 

ファンダメンタルズはヘッジファンドのポジション

 

トレストFXの中でいう「ファンダメンタルズ分析」とは、

ヘッジファンドのポジション量がどうなっているか?だけです。

 

ヘッジファンドのポジションは買いが多いのか?

それとも売りが多いのか?

 

そして、そのそれぞれのポジション量は

いつもと比べて多いのか?

それとも少ないのか?

 

これらを見ていくことになります。

見方は簡単です。

誰でも習得できます。

 

これを見ることで、

トレンドの転換点もある程度予想することができるというのが、

ヘッジファンドを見ることによるファンダメンタル分析。

 

実際に確認してみると、

ヘッジファンドのポジション動向と、相場の動きは一致しています。

 

トレストFXのロジックの核となるファンダメンタルズ分析は、

有効と言って良いでしょう。

 

テクニカル分析は移動平均線4本

 

移動平均線4本使うということで、結構珍しいです。

それぞれの向きと角度、

それぞれの位置している順番も大切です。

 

これでトレンドを見るという感じです。

ファンダメンタルズ分析と同じ方向性なら余裕でエントリーできます。

 

 

テクニカル分析にさらにパラボリック

 

トレンドが分かれば、

あとはタイミング。

 

エントリーのタイミングはパラボリックを使います。

これ、かなり分かり易いです。

 

しかも、損切りラインもパラボリックを使います。

明確で分かり易いでしょう。

 

 

しかし、損切りラインは深くなるので、

ここは裁量で旨く改良する必要があるでしょう。

 

 

トレストFXの魅力について

 

この教材の一番の特徴は、

これまで個人投資家をカモにし続けてきた、

ヘッジファンドの手法を逆手にとって稼ぐということ。

僕は何人ものプロトレーダーを見てきましたが、

ヘッジファンドの手法を見事にロジックに落とし込んでいる人は、

ダイスケさんくらいでしょう。

 

日本中の教材やセミナーを探しても、

彼と同じようなロジックを開発できた人はいないと思います。

 

それだけ学ぶのに価値がある手法ですし、

実際に発売された9月からためして一ヶ月目から911ピプスのプラスが出ました。

 

一回のトレードで200、300ピプス取れます。

 

 

他にも、

・ロジックにテクニカル分析だけではなく、

 ファンダメンタルズ分析を組み込むことに成功

1日にチャートを数回のチェックだけで勝てるトレード

 (なので忙しい人にもおすすめ)

1回のトレードで大きな利益を狙える

・独自の資金管理術「マネーマネジメント」を学べる

・「投資の鉄則9か条」というマインドを学べる

などなど、独自の特徴と、

トレーダーにとって大きなメリットのある教材です。

完成度はかなり高い。

 

 

実際にどんなタイミングでエントリーしているのか?(動画)

 

実際にダイスケさんが自分の手法がどんな感じなのか、

動画で紹介をしているので、見て下さい。

イメージが付くと思います。

 

 

どうでしょうか。

スイング手法なので、かなり大きく取れます。

 

 

関野さんの「トレハンFX」もスイング手法に分類されますが、

分類は同じでも手法の中身は大きく違います。

 

 

ダイスケさんの手法は、

ヘッジファンドの手法を元にしてるので、

ロジックの根本となる思想がまず異なります。

そして、関野さんの手法は、

テクニカル分析であるのに対して、

ダイスケさんの手法は、

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の融合。

実際、ファンダメンタルズ分析を、

ロジックに組み込むことはとても難しく、

ダイスケさんはこの業界で唯一、

ファンダメンタルズを非常にシンプルな形で

ロジックに組み込むことに成功した、

トップトレーダーと言ってもいいでしょう。

 

 

トレハンFXとトレストFXのお互いの教材のポイントを取り入れてトレードしていくことも可能。

 

 

僕としては、

ファンダメンタルズを加味してトレードすることができるのは相当価値があることなので、学んで欲しいと思います。

 

 

 

あなたが「いま何を学びたいのか?」考えながら、

販売ページを読んでみて下さい。

 

ちゃんと納得した上で知識に投資すると吸収率が格段に変わります。

 

では、僕からは以上です。

 

販売終了しました。

またメルマガで最新情報を配信していきます。