0期生募集中

投資家になるなら学びたいユダヤ人と僕らの違い

どうも、専業投資家FXです。

今回は「お金に対する知識」を一緒に勉強していきましょう。

お金の勉強するときに必ず通らなければならない道が、”ユダヤ人”です。
「お金持ち」といったら、ユダヤ人。
世界でも有数な金持ちはほとんどユダヤ人だったりします。

 

どれくらい凄いか分かりやすく説明していきます。

 

ユダヤ人の人口は1500万人。

これは、世界の人口の0.25%。

アメリカの人口の3%です。

 

人口で言えば、ユダヤ人ってめちゃ少ない。
東京よりちょっと多いいくらいなもんです。

 

にもかかわらず、世界で活躍しているユダヤ人はこんなにいます。

・ノーベル賞受賞者の27%

・世界チェス選手権の優勝者の50%

・1000人中23人がIQ140越え

・フォーブズ億万長者の15%

・アメリカ人平均の二倍の年収

・コンピューター化学賞の25%

 

を占めています。もう一度いいますが、世界人口に対して0.25%しかいない種族の話です。

これがどれくらい凄いことか気がついたらぞっとしませんか?

 

 

さらに、ユダヤ人の無数の成功者も紹介すると

 

世界最大の金融財閥ロスチャイルド家

シェル石油の創業者マーカス・サミュエル

投資王のジョージ・ソロス

経営学の神ピーター・ドラッカー

ロイター通信の創業者ロイター

ディズニーの会長マイケル・アイズナー

インテルの創業者アンディ・グローブ

アメリカのデパート王王シュトラウス家

出るコンピュータのマイケル・デル

アカデミー賞受賞映画監督スティーブンスティルバーグ

 

 

・・・・・・以上にしておきましょう。

紹介してきてた通り、ユダヤ人には無数の成功者が存在します。

 

はっきり言って異常ですよね。

 

では、ユダヤ人が圧倒的に優秀な理由はなんのか?

 

 

その答えは”お金”と”人生”に対する哲学違いに行き着きます。

 

 

ユダヤ教の教えと、その他の宗教の教えをざっくりと分類してみるとこうです。

 

ユダヤ教

・お金 = 神から授かる大いなる祝福、崇高なもの

・金利 = 自然の理

・お金への憧れが強く、欲張りで現実的。(錬金術師が古来から多数存在)

・来世よりも現世を重視、来世に無関心

・セックスは、神が与えた大きな楽しみ

 

キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教、仏教

・お金 = 汚いもの

・金利 = 悪徳である

・禁欲的

・お金への執着は恥である

・セックスは恥ずかしいものとして軽蔑

・無常観、足るを知る

 

ざっくり分けるとこんな感じです。これだけでも、何となく分かりますね成功者が多い理由が。

 

僕たちの日本では、江戸時代から”士農工商”というものがありましたね。

士農工商の背景にある考え方というのは、

侍が、農工商を支配しており、特に商業は卑劣なものとされ、商売で得たお金は汚いものだとされてきました。

士農工商_-_Google_検索

商業は一番下に存在していたのです。

現代でもこの考えを持つ人間はいます。そう言う人とはなかなか話が合わないので逃げましょう。

 

ユダヤ人の教えの中に

「人を傷つける三つのもの」という教えがあります。

 

それは、

1:悩み

2:諍い(いさかい)

3:空の財布

です。この中でも空の財布が最も人を傷つけるとされています。

体のあらゆる場所は心に依存しており、心は財布に依存している。だからお金がないと五感(心)がよく働かない。

そして、お金は人生に大きな喜びをもたらし、お金が無ければ大きな悲しみをもたらす。

これがユダヤ人の基本の考え方です。

 

お金を増やしたいと考えるのであれば、ユダヤ人の考えは学んでおきましょう。投資家のビックネームにもユダヤ人が多いのは、目を背ける事のできない現実です。

あのジョージソロスもユダヤ人です。(個人資産は一兆二千億円。アメリカで27番目の億万長者)

ソロスは「ユダヤ人である事が成功に結びついたのか?」という質問に対し、

「もちろんだ。14歳で絶滅させられる恐怖と向き合って、頭の回転がよくなり、頭を敏速に使うように訓練させられたからからだ」と答えています。

また、ユダヤは寄付の文化があり、「与えること」 = 「貰うこと」 であるという基本思想があります。

実際に、ソロスは財団を作り毎年480億円の寄付をしています。

 

ユダヤ人の思想を知る事は、投資においても人生においても必ずプラスになるものです。

それが重要なことであると”いつ気がつく”が「センス」です。

 

知識への投資に時間を使いましょう。

 

ではでは!!

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと (王様文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です