ポーカーでも投資でも必ずカモになってしまう人の特徴とは?

どうも、専業投資家FXです。

お久しぶりです。

 

ドル円、日経平均は暴落していますね。

この暴落は来年中続くという見方が大半です。

売りで美味しい相場を逃さないようにしていきましょう。

(最後にチャート分析解説していきます。)

 

 

それでは今日の話はこちらです。

______________________

1:株を40%保有しました

2:ポーカーは投資家の学びの場

3: 日経平均の週足と日足にラインを引く。

______________________

 

1:株を40%保有しました。

 

先日、とある会社の株主になりました。

 

投資家にとって”株主になる”ということは日常茶飯事ですが、

今回は上場している会社の株を買ったのではなく、

これから立ち上げる会社の発起人として、株主になりました。

 

僕が株主になった新会社の社長は22歳とかなり若い。

 

かなり若いんですが、ビジネスセンスが半端なくあるのを知っていたのと、

彼から今後の夢・ビジョンを聞いていたので、

「会社を作るから出資してほしい。」と話をされたときは

「ぜひださせてください。」と即出資を決定。

 

かっこよく言えば、夢に出資しました。

 

全体の株の40%を保有することになったので、

新会社の利益は僕の利益に直結するわけで、

これからの新会社の成長が楽しみです。

 

 

僕たちは「株を買う」って毎日当たり前のようにしているのですが、

トレーダーが行う「株を買う」は目先の利益を狙った買いです。

 

でも上場していないまだこれからの会社の株主になる投資は、

「人に投資」をして、社長を信頼して、その夢を一緒に観てみたいなという、

「お金だけではない投資」なので新鮮でした。

 

新会社の社長は初めから上場を目標に動いているので、

当然リターンも期待して投資をしています。

でもすでに”ワクワク感”というリターンをもう得ています。

 

お金を得たければ、トレードして利益を出せばいいし、

自分のビジネスに投資してみるのもいい。

 

でも”誰かの夢を一緒にみる”投資は、

僕の人生の中で初めてのことなので、

また一つステージが上がった気がします。

 

友人には「よく悩まずポンっとお金出したね。」

と言われましたが、一番いいお金の使い道なのかなと。

今までで一番いい買い物になりそうです。

 

リターンの面でも、

日経平均を予想して投資するよりも、

彼に投資した方が期待値が高いと確信したわけです。

 

 

もともと、

僕は”銀行口座の数字は価値ゼロ”だと考えています。

銀行口座の数字になっているくらいなら、とりあえず何かに変えた方がいい、そう思います。

 

だからこそ昔から”知識への投資”は当たり前のようにやっているし、

自己投資のためのお金はどんどん使います。

 

だって、

僕の銀行口座の数字が100と表記されていても、

50と表記されていても何も変わらないですからね。

 

・通帳の数字を100にしておくためのお金と、

・新しく会社を作るために活用される100のお金、

どちらが有効にお金が働いているかと考えたら、

断然後者ですよね。

同じお金でも価値が違います。

 

 

”「お金をどこに移動させるか」によってお金の価値は変化します。”

 

この感覚は投資を勉強し初めからずっと持っていて、

日常生活のお金の使い方でもこの価値基準でお金を移動させています。

 

 

稼いだら現金を溜め込もうとする人もいますが、

僕はストックよりもフローを大きくすることの方が大切だと思います。

精神的にも、実利益を考えてもフローを大きくするべきです。

 

月20万円稼いだら20万円を使って何かに変えた方がいいと。

 

人間も食べ物を食べて排出して、を繰り返さないといけないように、

お金と人間の関係性も溜めすぎ、出し過ぎは体調を悪くします。

”循環”を意識していきましょう。

 

「お金を守ろう」とすると無意識に保守的になります。

精神的に偏りがある状態ですね。

”偏り”があれば、必ずどこかに”歪み”が生まれます。

保守的な状態っていうのは精神的にネガティブな状態です。

 

昔は「大金を稼ごう!」と前向きな考え方(未来思考)をしていたのに、

大金を稼いだ後になると「お金を守らなきゃ」ネガティブ(過去思考)になってしまって、

結局お金持ってないときの方が充実してたと感じるという、

幸せになるためにお金を稼いだけど、稼いだお金のためにネガティブになって幸せじゃない、”本末転倒状態”に陥るのはいやですね。

 

だから溜め込むことなんて考える必要はないのです。

お金はどんどん”資産”に変えていくべきなのです。

 

 

僕たちの世界ではお金の使い方(お金の移動先)は3種類しかありません。

それは「投資、消費、浪費」です。

 

投資とは支払いよりもリターンが多いと期待できる出費。(未来を見てる)

消費は支払いとリターンが同じもの。

浪費は支払いの方がリターンより多いもの。

 

あなたは「いま持っているお金を三つのどのボックスに移動させていくか?」

を決めることができます。

お金の所有権を持っている = お金の移動先を決める権利を持っている 

ということです。

どのボックスに入ったお金の量が多いかで未来は決まります。

 

理想なのは浪費をなくして投資を増やすこと。

当たり前。

 

このへんは「金持ち父さん貧乏父さん」にも出てくる概念だし、

一般的なビジネス書にも書いてあります。

しかし、問題なのはそもそも世の中には”投資”になるお金の使い道が極端に少ないということ。

 

僕たちが生活していく中で、

お金を出せるところを考えてみてください。

 

街を歩いていて、「お金を払いませんかー。」と言ってくるお店は、

ほとんど消費や浪費になる場所です。

テレビや雑誌に出てくる広告はすべて消費や浪費を促すものです。

 

 

街中に”投資になるお金の移動場所”はほぼないのです。

本屋くらいでしょうか。

 

 

なので、支出の中で投資の割合を増やしていくべきなのは明確ですが、

その前に投資先を見つけるスキルが必要です。

”知識”であるとか”人脈”などは最もいい投資先ですが、

正しい知識がどれなのか、なにを学ぶべきなのか、だれから学ぶべきなのか、正解を見つけるのは簡単ではありません。

自力で見つけるのは難しい。

 

だからこそ「これは!」と感じた投資先があればどんどん投資していくべきだよな、そう考えて僕は行動しています。

 

 

今回の新会社への投資も、「自分の銀行口座の数字には全く意味がない。このお金たちをしかるべき場所に移動させるべきだ。」と、常に思っていたところにきた話でした。

 

お金稼ぎって案外誰でもできます。

稼ぐ方法もそんなに大差はないです。

バイトでもサラリーマンでもとりあえずお金を稼ぐことはできます。

でも、お金の使い方には人格がでます。

 

お金を稼いだ人を単純に「すごい!」と思うのはちょっと早いです。

稼いだお金をどう使うかを見届けるまでは、その人がどんな人かはわかりません。

 

今食べているものを見れば将来の健康状態がわかるように、

今のお金の使い道をみていれば将来、その人がどんな人になっているかわかります。

成功する前から成功者のお金の使い方をしていきましょう。

 

”お金はあるべき場所に移動させる”

を意識してみてください。

 

今回の投資は僕にとっていい経験でした。
また経過を報告していきます。

 

では次の話題です。

どうぞ。

 

2:ポーカーは投資家の学びの場

 

最近ポーカーにハマっています。

シンガポール以来、日本のカジノバーに遊びに行ってポーカーをしているんですが、

心理戦あり、損切りあり、運もあり、また資金力が影響したり、かなりトレードに似たところがあって学びが多いです。

 

 

ポーカーと投資は似ているところがたくさんあって、

投資やビジネスで成功している人はポーカーが強いという例がたくさんあります。

 

実際に、長者番付世界一のマイクロソフトのビルゲイツは、

ポーカーで創業資金を手に入れました。

 

あの世界一の投資家ウォーレンバフェットもポーカーの名手で知られています。

バフェットの有名な言葉に、

「ポーカーをやり始めて20分たっても、まだ誰がカモかわからない人は、自分がカモなのだ」

というセリフも。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

他にも有名トレーダーがプロポーカーに転職して年収50万ドルになったり、

ヘッジファンド向けのスカウト会社は優秀な人を見つけるためにプロのポーカープレイヤーをチェックしているようです。

 

 

それだけビジネスとトレードで成功する要因と、

ポーカーで勝ち続けるための要因は同じだということですね。

 

 

ポーカーでは一枚づつトランプが配られるたびに、

勝負を降りるのか、勝負するのか決断を迫られます。

勝負するならさらに掛け金をあげるのか、そのままの掛け金で勝負するのか、

毎回毎回判断していきます。

 

トレードでいえば、

ローソク足が更新されるたびにポジションを考えるのと同じですね。

 

勝負を降りる場合は、それまでに掛けていたお金は負けが確定します。

「勝負に降りなければ結果的に相手に勝っていたのに!」なんてこともありますが、

これは投資でいうと損切りですね。確率で考えていく必要があります。

 

 

またポーカーの世界では”はったり”で掛け金をあげて、

自分が弱い手札でも、強い手を持っていると見せかけて、

相手を勝負から降ろさせて勝つという戦略もあります。

 

いつも1000円くらいしか掛けていなかったのに、

いきなり50000円掛けてきたら「相当自信があるのか強い手なんだろうな」と思って、勝負を降りますよね。

(勝負する場合は同じ50000円を掛ける必要がある)

 

 

相手を意図的に勝負から降ろさせるためにいわゆる”見せ金”を賭けるんですが、

相手が勝負から降りてくれたらいいですが、相手が勝負に乗ってきたらピンチです。

なのでリスクリターンを考えてやらないといけません。

 

 

いいトレーダーほど「いいチャートが現れるまで賭けない。休むも相場。」が身についていますが、

ポーカーでもいい手が巡ってくるまで、賭けないというのも大切な戦略です。

5人でプレーしているなら自分が一番強い手札の確率は単純に1/5。

毎回勝負に出る必要はないのです。

損を小さく、利を伸ばす。

ここも似ています。

 

こんな感じですごい似てるなーと思いながらポーカーをやっているんですが、

実際にプレーしてみると強い人は何回やっても最後は勝つし、

勝てない人は勝ったり負けたり繰り返しながら最終的に0になる。

トレードの世界もこんな感じなんだろうなーと想像しながらプレーすると面白いです。

 

 

また、みんなでテーブルを囲んでやるので、体感的にわかりやすいのが、

”結局みんなのお金が移動しているだけ”ということ。

 

ポーカーのテーブルも世の中全体も俯瞰してみれば同じです。

「負けた人のお金は勝った人のところへ吸いあげられる構図」

をわかりやすく体感できます。

 

ビジネスでもトレードでもお金はいろんな場所に移動しているだけで、

お金の流れを意識すると世界はクリアに見えてきます。
投資をやっている人にとってはポーカーを勉強することは確実にプラスになるでしょう。
「ただのギャンブルじゃん。」と思わず、いろんなことから学んでいきましょう。
すべてのことは抽象度を上げると繋がっています。

 

それでは次は相場の話をしていきます。

 

3: 日経平均の週足と日足にラインを引く。

 

さて、それではチャートも見ていきましょう。

 

為替はわかりづらい状況ですね。

今回は日経平均のチャートを見ていきましょう。

今後の流れはわかりやすく、

基本的には売りから入れる銘柄を探して、空売りを入れていくのがいいでしょう。

 

日経の週足チャートはこちら。

日経平均株価_リアルタイムチャート

 

週足なので、次の足が陰線なのか陽線なのか大体の予想ができれば、

日足でのトレードは非常に楽です。

普段トレードする長期足を見て、「次のローソク足は上か下か。」と細かく見ましょう。これが長期足の使い方。

 

次は日足です。

日経平均株価_リアルタイムチャート 2

ラインをこんな感じで弾くといい感じに狙えそうですね。

 

これを見てもわからない場合は、

メルマガを見返してください。

わかるはずです。

 

 

ツイッターの方ではソフトバンクとかソニーとかオリコなどを取り上げてつぶやきましたね。

 

というわけで、チャートの分析は以上です。

(為替はわかりやすいチャートになったらのせます。)

 

それでは今日は、

・新会社の株主になった話

・ポーカーと投資家の話

・日経平均にラインを引いて解説

をしていきました。

 

今回は以上です。

 

 

ではでは。

 

ps:

先日、大阪のトレーダーが70人集まる飲み会に参加してきました。

億トレーダーもゴロゴロ参加していて、「10億円の壁」という話題が盛り上がっていました。

 

稼いでいるトレーダーのなかには、

億を超えたくらいからだんだんトレードを少なくしていって、

いまは沖縄でペンション経営もしているという人がいたり、

たまにセミナーも開催してたりしてますよ、という人がいたり。

 

トレードだけを繰り返してお金を増やし続けるだけの人より、

そのお金で何かをしている人が多かったですね。

 

「お金をたくさん稼いだんならビジネスなんてしなくていいじゃん。セミリタイアして悠々自適にくらせばええやん。」

と思われる人もいるかもしれませんが、案外セミリタイア生活はいいものではありません。

トレードで稼いでいくとお金自体には価値がないんだということにいづれ気がつきますし、社会に何かを提供したい、というマインドも出てきます。

 

例えれば、

みんなが学園祭の準備をして盛り上がっているのを傍観してるみたいな感じ。

やっぱり参加した方が楽しいし、このクラスの出し物のために自分はなにができるかな、と考えて自ら動く時間が充実したものになります。

 

社会全体でも同じで、

世の中に価値を提供して、それがお金として返って来る仕組みになっていて、

そこに参加して試行錯誤することは非常に楽しいことです。

 

トレードはお金でお金で増やすので効率はいいです。

ビジネスの場合はお金を一度サービスに変換させて、それをお金変えます。

空白ページ

 

ビジネスの方がワンクッション置いてから投資したリターンを取り返す仕組みになっています。

 

僕もトレードで稼いでから何かを提供したくなり、

発信活動をしているのですが、

稼いでいる人たちも同じことを考えています。

 

・・・・ということを確認できて、

有意義な飲み会でした。

 

まだまだ僕も成長していきます。

 

これからも、一緒に頑張っていきましょう。

 

では。

 

pps:

オススメ商材のまとめページに、
投資漫画「インベスターZ」を追加しました。

中学生が投資をしていく物語で、
サクッと読めるのに学びは多いので、
初心者にも上級者にもオススメです。

ぜひ読んでみてください。

オススメ商材まとめ

 

ではでは。