三宅洋平の選挙動画と大衆心理から見る未来予測の仕方

どうも、専業投資家FXです。

お久しぶりです。

 

EUの離脱から日経、ドル円は爆下げでしたね。

 

今週はじわじわ反発であげてますが、

戻り売りを基本戦略にしていきましょう。

 

今の世の中は政治に左右される状況が続いています。

 

経済と政治というのは切っても切れない関係で、

投資を学ぶ人も政治に精通している人が多いです。

 

 

僕も政治にはそこまで精通しているわけではないですが、

「結局選挙は意味がない」とか、

「結局誰がやっても同じ」とか、

”政治に冷めた人種”でした。

 

僕が投資家として未来を予測する時は

絶対的な法則をものさしに使っています。

 

それは、”資本主義的にプラスのことは避けられない”ということ。

 

 

例えば、2011年に震災があって、

原発を止めよう!!という動きがありましたが、

結局再稼働。

 

僕は再稼働の噂が囁かれ始めた2014年、2015年は電力会社の株を買いトレードを頻繁にしていました。

 

モラルとか、道徳とか関係なく、

資本主義的にプラスかどうかで考えたら再稼働が正解だからです。

 

今の仕組みで考えるとこの「資本主義的にプラスかどうか」というものさしが最も精度の高い未来予測の道具です。

 

時代の流れはチャートと同じで波で作られていきます。

 

例えばダイエット商品でも、

「朝バナナダイエット」というお手軽系が流行った後は、

「ビリーズブートキャンプ」のようなガチむち系が流行ります。

その後はまた「酵素ダイエット」という飲むだけお手軽系が流行り、

その後は「カーヴィーダンス」というガチむち系が流行る。。。。

 

というような流れになっています。

(時系列については正確ではありません。波が伝わればいい。)

 

 

なんでこうなるか?という原理は、

僕がいつも言う「大衆心理」です。

 

朝バナナダイエットが流行ってダイエッターたちの9割が実践していくと、

「あんま効果出ないし、なんか物足りないんだよなあ。」という人たちが必ず出てきます。

その時に真逆のコンセプトである「ビリーズブートキャンプ」が出てくると、

「やっぱダイエットはガチむち系だわ。」となるわけです。

 

で、9割がガチむち系をやっていると、その中から、

「はー、続かない・・・もっと楽に痩せる方法はないの?」という意見がふつふつと生まれ、次は「飲むだけ痩せる酵素ダイエットをやろう!」というものが誕生。

で、「飲むだけ?それ最高ですね。」となり、また9割方が認識するという感じ。

 

で、その後はまたガチむち系のブームがきます。

今はライザップという「プライベート × ガチむち系」の時代ですね。

プライベートという新しい土俵になっています。

なので次は「プライベート × お手軽系」の時代が来そうです。

 

この流れ、チャートそのものです。

これが大衆心理です。

 

 

こんな感じで”ちょっと先の未来を予想する”って簡単なことです。

資本主義的にプラスのものは避けられないというものさしと、

時代の流れ(大衆心理)は波でできているというものさし、

この二つだけでもかなり正確に未来はわかります。

 

この二つを使って他のジャンルで、

「早速、未来予測してみました!」という返信待ってます。

 

さて、大衆心理を見抜くということですが、

大衆心理というのは意図的に作り出すこともできます。

FXで言えば、ヘッジファンドが意図的にチャートを作ることが可能なのと同じですね。

どちらも材料があれば作り出せます。

 

FXなら資金量があればチャートをつくれます。騙しを作って儲けれます。

政治ならもっと簡単。

ガソリンというエネルギーに依存させる大衆心理を作るなら、ガソリンの値段を下げるだけです。

 

 

イギリスのEU離脱という決断はサプライズすぎでしたが、

ここから言えるのは、

「環境が悪くなると内にこもる法則」があります。

さらに、「内にこもると戦争につながるという法則」もあります。

 

 

第二次世界大戦が起こる前も、

アメリカで株価大暴落(ブラックマンデー)があって、正解的に経済がやばい状況になりました。←環境が悪いステージ

やばいなーと思ったアメリカは自国の産業を守るため海外からくる品物にめっちゃ高い関税をつけだしたんです。←内にこもるステージ

それを見たイギリスとフランスも関税をめっちゃ高くしました。いわゆるブロック経済。

 

やばいから他を切り捨てて自分だけ助かろう、という感じですね。

で、それをされるともっとやばい状況になるのが日本・ドイツ・イタリア。

植民地を持っていなかったのと、輸出で儲けれなくなるので。

 

それで、ブロック経済はやめろやめないで、戦争までつながるわけです。

内にこもって助かる側と内にこもられてやばい側という構図ですね。

 

EU離脱とブロック経済は、

マインド的には似てるなと思います。

 

こんなこと言うと

「一緒にするな!」と怒られそうですが、

確かに細かいことを言い出したら違うのは当たり前で、

もっとシンプルに大衆心理に焦点を当てると流れがつかみやすいよね、という話。

 

 

だから、今の心理状態はいつ作られたのか?

というのを考えるのも大事。

 

後で紹介する動画でも出てきますが、

今の世界政府(国連)の拒否権を持った常任理事国は5か国です。

これは第二次世界大戦の戦勝国です。

 

普通に生活していると、

常任理事国の5か国だけが拒否権を持っていることに疑問すら浮かばないけど、

いつどこで今の状態が作られたんだ?って考えると、

まだその時の影響で世界が動いてるんだ、と気がつくわけです。

 

FXでもチャートを見て「下がっている」と認識しても、

下りきったところでさらに下がってるのか、

買いがずっと続いてて、そろそろトレンド転換かと思われてからの下げなのか、

など、下げにも色々あります。

その価格になるまでの経緯をチャートで追うようにしましょう。

 

 

さて、

話は変わりますが、

7月10日に参議院選挙が行われますね。

 

その選挙活動で三宅洋平さんという音楽家の動画を紹介しておきます。

 

僕はもともと情熱系の人に冷めた人間でした。

小学生から経済とか投資とかに興味があって、

感情に訴えるものがなぜか低俗に見える、そんな感じでした。

 

でも大学時の友達との会話で、

「〇〇さんっていう人がカンボジアに学校作る活動してて、ついに学校が完成するらしい!すごくない!?」

という、ボランティア活動でカンボジアに学校を作る大学生の話をしていた時がありました。

 

それを聞いた僕はすぐにお金の流れを考える癖が付いていたので、

「ふーん、でもそれって意味ないよ。カンボジアに学校着くったあとの維持費はどうするん?教員の確保もボランティアじゃ長く続かないでしょ。結局意味ない。」

みたいに言ったんです。

 

その時に言われたのが、

「その彼も、散々そう言ってくる人がいたって言ってた。でもそういう人は自分ができないことをただ批判したいだけ。自分ができないことを批判することで自尊心を保って、結局何もしない人たち。だからそんな人のいうことには耳を貸さないんだ。って言ってたよ。」

と。

 

僕はその時の言葉が印象的だったんです。

7年後の今もはっきり覚えてるくらいに。笑

 

その時の気持ちを思い出したのが今回の三宅さんの選挙活動。

この動画。

 

こんな風にはっきりと発信できる人が増えたら楽しいだろうなって思いますよね。

 

「依存しない自立した人間」が増えたら楽しいだろうなって思います。

 

例えば戦争の話が出るたびに徴兵制の話が出てきますよね。

俺たちも徴兵しないといけないの?そんなの絶対に嫌だ。みたいな。

 

現代の日本で”強制の”徴兵制は不可能だとは思うんですが、

その時に出てくる現実的な案の一つが、

「企業の新入社員の研修に徴兵制を取り入れよう。」という話。

そうすれば強制ではないですからね。

 

国が企業に補助金あげたら喜んで研修に新卒社員をいかせるでしょう。

経済的徴兵制ですね。

 

強制ではないけど、就職しないといけない状態の人、

企業に収入を依存しないと生きていけない人は断れないから狙いましょう。

というマインドです。

 

僕は収入を確保するために何か依存する人を減らしたいと思って、活動しています。

だってそれが可能な環境が揃ってるんだから。

 

自立した人が増えるとそんな管理側の自己中心的な意見は淘汰されていきます。

 

自立した人間になりましょう。

 

それでは、今日はメールの紹介と回答をしていきます。

______________________

専業投資家FX 様
いつも貴重で有益な情報を有難う御座います。
長嶋です。久々メールさせていただきます。

エントリーマスタースクールの動画拝見させていただきました。
やはり、専業さんの動画は本質をついていて、とても勉強になります。
恋スキャやライマス、スキャ大と勉強してきましたが、その上で改めて専業さんの動画を見るととてもよく理解できるし、
何より専業さんのテンポ良く話す声がとても聞きやすいです。
見ていてとてもきもちが良いです!
私の友人にも専業さんの動画を教えたところ、最高!って言ってました。
これからも頑張って素敵な声聞かせてください。

さて、トレードの近況ですが、最近はライントレードを中心にスキャル主体でやってます。
仕事も忙しくあまりチャートを見る時間がなかったですが、ぱっとみてチャンスがあったら入るという感じです。
利益も順調に上がってます。着実に(ゆっくりですが・・)増えていってます。
もう少し増えてきて慣れてきたらロットを増やして行こうと思います。
今現在、3つのFX口座に資金を分けてトレードしてますが、資金を1つにまとめてロットを上げてトレードして見るか、迷ってます。
恋スキャ、ライマスを購入して3ヶ月になりました。そろそろロットあげても大丈夫かなと思う今日この頃です。

これからも見守ってくださいね!

応援してます。

長嶋より

________________________

 

長嶋さんありがとうございます。

エントリーマスタースクールの動画というのは、

ラインリッチプロジェクト参加者に向けた会員サイトのセミナーですね。

 

最近コンテンツを増やして会員サイトを作り直したので、

参加してるけどまだ見ていないって人は見ておいてください。

 

それと迷っているけどまだ参加してないって人は、1日まで待ってください。

スペシャルなお知らせがあります。

 

もともと参加費を設定して学んでもらってるのは、

有料の方が成功する確率がグッと上がるからというのと、

参加者レベルの底上げが目的です。

 

なので、初めは恋スキャやゴルスパなど見た方がいいですよという教材の特典にしていました。

でもそうすると恋スキャは既に持ってるけど、ラインリッチプロジェクトには参加したい、直接売って欲しいという問い合わせが多くなり、

独自の企画としてしばらく募集していました。

 

でも、また特典として戻そうかなと。

やっぱりいろんなトレーダーの考え方を学んでほしい。

企画自体は無料にしようかと。

それで参加者レベルの底上げと成功率の上昇は望めると思うから。

 

さらに1日からデ◯トレMAXっていう僕も紹介してきた教材が、

結構値下げするらしいんです。

だからまずはデイトレM◯Xの参加者に無料でつけようと思います。

 

なので1日のメールはお楽しみに。

(他にもいいお知らせがあります。)

 

で、長嶋さんのメールの中で、

3つの口座を一つにしようかな、という内容がありましたね。

 

僕は口座は分けたほうがいい派です。

口座を分けてトレードしたほうが無茶しないっていうものあるし、

いろんな証券会社を使ったほうが「こっちにはこんなサービスあるんだ。こっちにはこれがないな。」とかいろんな発見があります。

 

口座を三つに分けたままで、

三つの口座ともトレードで資金を3倍にするのが一番です。

 

一気に「当てる」のが目的はなく、長期的に勝つのが目的ですからね。

 

 

他のメールも紹介していきましょう。

______________________
こんばんわ。エントリーマスタースクール全て見ています。裁量スキルを分かりやすく伝えてくれるのでありがたいです。
相場さんのセミナーも見ました。スキャル中心の僕はローソク足1つの形を意識するようになりました。
相場をもっとシンプルに考えて良いのだと思いました。いまの自分に必要なものを得られたので良かったです!

_______________________

名無しさんメールありがとうございます。

結局、世の中に出ている教材というのは、

小手先のテクニックを教えるとウケがいいのであんまり裁量取引については教えられてないんですね。もしくは本物じゃないから教えられない。

なので僕はそこを発信していく場として企画をやっているし、

これからも随時コンテンツは更新していきます。

 

大衆心理や政治もそうですが、

複雑なことなんてやらないほうがいいです。

シンプルに考えたらいいです。

 

ちなみに僕は部屋もシンプルです。

なんでもシンプルに。

 

 

というわけで、メールはまだまだあるんですが、

今日はこれくらいにしておきます。

あんまり返信が追いついてなかったんで厳選していたのですが、

結局Q&Aが一番役に立つと思うので、

これからは小さな話題でもちょっとづつ紹介&返信していこうと思います。

 

それでは今日は以上になります。

基本戦略は戻り売り。

 

 

では。

 

 

PS

7月1日に岩本圭介さんのデイ◯レマックスがお得になるのと、

僕の企画が無料でついてくる特典と、

岩本さんの有料セミナー動画が期間限定でついてくるという、

素晴らしいことが起こるので、お楽しみに。

 

デイトレマックスについて知らない方は最近始まった岩本さんのこの動画を見ておいてください。

非常に勉強になります。

 

「大人のFX・デイトレ夏期講習」1

 

「大人のFX・デイトレ夏期講習」2


「大人のFX・デイトレ夏期講習」3

それではまた明日をお楽しみに。

投資家が語る初心者が資産を増やす3つのルール

どうも、専業投資家FXです。

前回はトレーダー視点の時間の使い方や考え方をお話ししていきました。

 

今日は

「なぜ9割の人が資産を構築できないのか?」

ということをお話ししていきます。

 

今回の話は真理をつく話になると思うので、

他の作業を中断してから集中してから読んでください。

 

”ながら読み”はただただ時間の無駄です。

 

今頭の片隅にある気になってることや、

やるべきことがあるのであれば、

それを終わらせてから読んでください。

 

 

 

 

それでは、いきますね。

 

 

 

・多くの人が資産を構築することができない理由

 

多くの人が資産家なれない理由、それは

「本能が資産を減らすようにプログラミングされているから」

です。

 

こんなこといきなり言っても、

「え、誰に?笑」

「何言ってるの?」

と思う人もいるかもしれませんね。

 

 

今から話す内容は、

トレードにもかなり大事なことだなあと思ったので、

詳しく説明していきます。

 

 

僕たちがいま持っている本能というのは、

長い人類の歴史の中で生存確率を上げるために”必要だから”作られたものです。

 

 

食欲、性欲、睡眠欲、という生理的欲求や、

危険を回避したい安全欲求、などなど

これらの本能を持っていたから、

現代まで人間という生物が生き残ってきたわけです。

 

 

そもそも本能が存在しているのは、

種の保存のため、人間が生き残るためですよね。

 

 

 

では、どうして本能が資産を構築するのにマイナスになるのか?

 

その理由は

「人間の進化は遅く、環境や文化のスピードは早い」

というところにあります。

 

 

どういうことかと言うと、

僕たちの感情パターンというのは、

今の現代社会で生き残るために適合できてないんです。

 

 

例えば、

ダイエットをしたいと思った時に、

邪魔をするのは本能ですよね。

 

「痩せたい」と思っている人が、どうして食べてしまうのかというと、

人間はずっと食料が足りない時代を生きてきたので、

その時に培われた本能が、現代社会になっても、

「今の内に栄養を補給しなきゃ!」と食材を食べさせるわけです。

 

原始時代と同じプログラムで動いているので、

目の前の食料を食べないことの方が難しい。

 

 

本能に従うと資本主義では資産が減っていく

 

よく覚えておいてください。

 

僕たちの本能は「長期的に健康でいよう」なんて考えません。

僕たちの本能は「長期的に資産を構築しよう」なんて考えたこともありません。

 

 

2000年前の人間の平均寿命は15歳らしいです。

 

平均寿命が15歳の時に

「長期的な欲求を満たす」なんてことは考えられないですよね。

 

明日生きれるかどうかもわからないのに、

長期的に貯蓄しようとか、健康でいようとか意味がないんです。

 

目の前に食べのもがあればすぐに食べに行かなければないし、

目の前にメス猿がいれば「まずはお互いを知って〜」とか考えてる意味がないんです。

とりあえず種の繁栄を考える。

 

要するに

「短期的欲求を満たすこと」が最も人類の生存確率を上げる方法だったんです。

 

そういう環境で僕たちの先祖は生きてきて、

その時代バージョンの本能を今も受け継いでいます。

すぐにバージョンアップできないんです。

 

2000年前なんて人類の歴史から考えたらつい最近です。

 

「近代化社会」とか、「資本主義社会」というのは、

本能が適応できないし理解もできません。

 

 

本能が作り出された時には、お金さえありません。

もちろん銀行もないし金利という概念もありません。

 

 

だから本能的にお金というものを理解できません。

 

 

だから僕たちは、

本能的にお金を手放そうとします。

 

「お金を増やそう」という発想すらないのが普通です。

(これを読んでいる時点であなたは1割の変人側です。)

 

資産を増やすわかりやすい方法

 

そして、僕たちが成功したいと思ったらその方法は簡単かつ強力です。

 

 

それは・・・・

 

 

本能とは逆の選択をすること。

 

 

 

「本能とは逆を行く」

と紙に書いてどっかに貼っておいてください。

 

ダイエットしたい人は本能に従うと太ります。

本能の逆を行くといい結果を得られます。

 

これはお金も全く同じです。

 

 

僕たちの先祖が長期的に物事を考えることができず、

お金があれば全部使ったほうがいい、

良い人間関係を構築したってすぐ死ぬんだからそんなことは考えない、

という感じで、昔はむしろそれがよかったんです。

 

 

今となっては本能は僕たちの敵ですが

本能は僕たちを苦しめたいわけじゃなく、

その当時は「短期的な欲」を満たす本能のおかげで生き残れた。

でも今はそれを変えていかないとうまく生きていけません。

 

これからの思考法は逆なんです。

 

・短期的な欲、

・長期的な欲、

この二つを意識してください。

 

短期的な欲を満たそうとする本能を理解して、

長期的な欲を満たす方を選択してください。

 

迷ったらいつも本能と逆を行く。

 

長期的な欲を満たしたほうが満足度は断然たかいです。

それが寿命80年の現代の鉄板ルールです。

 

 

お金に対するネガティブ感情をポジティブに

 

それから僕たちはお金に対して二つの感情を持っています。

 

・「お金が欲しい!」という感情と、

・「お金が嫌い!」というネガティブな感情

の二つ。

 

僕たちは子供の頃に、

嫌な仕事もお金のためにしなければならないとか、

お金持ちは嫌な奴だ、お金持ちはムカつく、

こんなことをどこかで刷り込まれてます。

 

お金に対するネガティブとポジティブの二つ感情が同時に存在するから、

脳内で摩擦が起こっている状態の人が多いんです。

お金を理解してない。お金と向き合えてない。

 

 

 

10代女子向けのアンケートで

「あなたのストレス発散方法はなんですか?」と聞くと

8割の人が「ショッピング」と答えたというデータがあります。

 

ものを買ってるんじゃないんですね。

ショッピングという行為で感情が喜ぶから買ってるんです。

本能的にお金を使うことが楽しいんです。

 

本能は物々交換しか理解できないので、

お金という紙をモノに交換するのが好きなんですね。

 

本能はなるべくお金を消費させようとします。

もしくは理解できないから貯蓄します。

 

資産家の行動

 

しかし、資産家というのは、貯蓄ではなく、

逆になるべくお金を持とうとしない、

そういうマインドで行動しています。

 

なるべく会社を持ったり(株含む)、土地や不動産などに変えようとします。

なんとかしてお金じゃなくて資産に変えようとするんです。

 

 

例えば世界一の投資家のウォーレンバフェットは、

100万円の車を買うときに、車と100万円を交換すると考えないんですね。

 

今の100万円を投資で増やしたら、10年後には2億円になるから、

今のこの車の値段は2億円だ。

そう考えるんです。

 

完全に変な人ですよね。

でもこれが投資家思考です。

 

我慢しろ!というわけではなく、

1年後、2年後、5年後、価値があることにお金は使うべきだよねってことです。

 

お金を使うときは長期的に考えて価値があるかないかを冷静に考えて、

買うか買わないか決めるべきです。

 

「本能の逆を行く。」

という言葉を思い出してください。

 

次は資産家のお金の使い方の傾向の話。

 

資産家がお金で買いたがる3つのもの

 

また資産家というのはお金を3つのことに交換したがります。

 

一つ目は資産。

資産とは価値を生むもの。

または価値が上がるもの。

資産になるものってよく探すとそこらじゅうにあります。

基本的に資本主義社会はインフレ方向に進んでいくので、

現金を持ってるだけで相対的に資産は目減りしていきます。

なのでリターンの高い資産を見つけたら積極的に交換していくべき。

 

 

二つ目は知識。

現金があったら知識に変えたほうがいい、

というのはユダヤ人の教えで有名ですよね。

僕自身お金があればすぐセミナー行ったり本買ったり教材買ったりしてます。

 

ただ、どんな知識でもいいわけではありません。

例えば何かの専門学校とか大学院などに行く必要はないです。

 

別にいってもいいと思いますけど、

一番早いのはメンターを見つけてその人から学ぶことです。

それが一番早いです。

 

資格マニアと呼ばれる人がいますが、

知識というのは第三者に認めてもらう安心感を得るために学ぶものではありません。

 

また資格によって収入を依存しようという発想は捨てた方がいいです。

その思考は絶対に資産を増やすことはできません。

 

3つ目は人間関係です。

資産というのは結局人を仲介してやってくることが多いです。

うまくいく投資家や起業家に共通していることは

「先に相手に得させる」ということをしています。

 

これはギブアンドテイクがどうとかでなく、

提供マインドで動いている人のところに資産を作る材料が舞い込んでくるという感じですね。

 

人間の精神的な成長段階は以下の三つに分けられます。

1:奪うステージ(自分の方が得したいとばかり考える人)

2:ギブアンドテイク(もらった分だけあげようとする人)

3:提供ステージ(とにかく相手に与えようとする人)

 

1から3に向かって精神レベルが上がっていきます。

当然ですが精神レベルが高いほど資産家の割合が圧倒的に多くなります。

 

以上が資産がお金を使いたがるものでした。

 

資産がない時から同じように行動して、

小さな資産を作っていけば、

だんだん大きくしていくことが可能です。

 

 

 

今回の全体の話をまとめると、

あなたがこれから資産を構築するためにやることは

 

・本能の逆を行くということ。

・お金に対するネガティブ感情をポジティブに変える

・お金が増える習慣を身につける

 

ということです。

 

特に伝えたかったのは、

本能と逆を選ぶと上手くいくの法則です。

 

この話、

トレードでも全く同じですよね。

 

自分の本能をコントロールすること。

これが本当の自由です。

 

 

 

ps

ドル円、日経、想定通り暴落していますね。

8606895__XMTrading-Demo_2_-_デモ口座_-__USDJPY_Daily_

今回のような相場を体験しておくと、

いかに買いだけのポジションが危険かが理解できると思います。

 

為替でも株でも、

初心者ほど買い場ばかり探す傾向がありますが、

僕たちは売りでしっかり利益出していきましょう。

 

 

ps2

【見ておいてください】

 

いい情報が一つあります。

 

12日に東京で開催された相場ゼミの第一回セミナーがなんと無料で見れます。

 

実際に先週あった有料セミナーなのですが、

第一回目だけ公開することにしたようです。

 

特に参加する予定がない方も、

一回目のセミナーだけでも勉強になるので時間を使って

業界トップの手法を見て学んでみてください。

 

 

動画はまとめページの下に【追記】という形で載せておきました。

時間を作ってご覧下さい。

ダイジェスト版なので1時間で見れます。

相場ゼミ2期のコンテンツまとめと特典

募集は終了しました。

 

 

それでは今日は以上です。

 

ではでは。

専業トレーダーになるための1日の過ごし方と日常のスタイル

どうも、専業投資家FXです。

お久しぶりです。

 

 

日経、ドル円、予想通りの展開になっていますね。

 

ドル円は一時期105円台をつけました。

相場ゼミ2期特典評価口コミレビュー

 

日経平均は現在15000円台

MARKETSPEED

 

去年から「下げ、下げ」と連呼していたので、

僕の読者さんにとってはいい状況が来ていますね。

バリバリとっていきましょう。

 

 

そうそう、12日は相場ゼミ2期のセミナー1回目でした。

内容は「移動平均線とローソク足」を中心にした話で、

僕が普段話している内容ともかぶってる部分も多かったので

理解しやすかったのではないでしょうか。

 

 

 

 

「移動平均線とローソク足」については、

トレーダーは例外なくめちゃくちゃ意識してます。

(少なくとも僕が出会った億トレは全員。)

 

一見シンプルだけどよく見るといろんな発見がある、そんな内容で、

同じ光景なのにこんなに違って見える、ということを体感できると思います。

 

それでは今日は以下についてお話ししていきます。

______________
・まるで投資家がお金を振り分けていくように。

・僕は基本的に水しか飲みません

・人が変わる時

______________

 

・まるで投資家がお金を振り分けていくように。

 

移動平均線とローソク足のように、

「同じ光景なのに全然捉え方が違うもの」って山ほどありますよね。

 

例えば、

僕たちが投資の勉強に使える”時間”は限られてますよね。

 

どこで差がつくかというと、

その限られた時間(資産)をどう有効に使うのか?

この選択によって成長スピードが変わってきます。

 

投資の勉強時間が1日1時間ある。

じゃあ、その1時間は”何を”学ぶのか?

 

この使い方の上手い下手が生涯年収を1億2億変えるわけです。

 

 

時間以外でも、

僕たちの1日の”エネルギー”には上限がありますよね。

 

それを無意識に振り分けています。

 

今日は、

ここに10エネルギーを入れて、

ここに20エネルギーを使おう、

みたいな。

 

 

一方、投資家の場合はお金を振り分けています。

この株に100万円、このベンチャー事業に300万円。

という感じ。

 

投資家はお金を「リターンが最も見込めること」

に資産を移動させていく事をしていて

 

それ以外の人も普段の生活で、

時間を「最もリターンが高い所に配分」しています。

 

投資家と同じ事を、誰でも毎日やっています。

無意識にみんなやっています。

 

今、あなたはこの文章を読むことに時間を投資しています。

「それ以上のリターンがある」そう判断したからです。

 

今のあなたには「テレビを見る」とか「SNSを見る」という別の選択肢もあったはずです。

 

”今、自分の資産を投資している”

ということ普段から考えている人はそう多くはないと思うのですが、

 

 

生きている人は全員「時間の投資家」です。

 

 

そう考えると、

何も意識しないで何となく生活している状態というのは、

「リターンとかよくわからないし、そもそも何の銘柄かしらないけど、投資しとくか」

って行為を続けているようなものです。

 

当然、なんとなく投資したものなので、

リターンがあったかどうかもあまり意識しません。

もしお金だったらそんな投資の仕方はしないでしょう。

 

でも時間だとそれをやりがち。

 

時間もお金も、エネルギーも同じ価値があるものなので、

同じように慎重に振り分けないといけません。

 

そもそも”価値があるもの”って何か?と思われるかもしれませんが、

価値があるもの = 有限なもの

です。

 

 

例えば、経済学という学問は何を意味しているのか?

 

学問上の定義は次の通り↓

「他の用途を持つ希少性ある経済資源と目的について人間の行動を研究する科学が、経済学である」

と定義されています。

 

要するに、

「世界には資源が無限にはないので、それをバランスよく循環させるにはどうしたらいいんだろう?」

って考える学問です。

 

 

 

”資産は有限”なので、

人間はどんな行動をとるのか?(それを踏まえて、どんな仕組みを作るといいのか?)を考えます。

要するに有限な資産を振り分けるための研究です。

 

経済学はたまたま人間の行動に焦点を当てていますが、

これは会社という組織におろしたものがマネジメントという学問だし、

個人の行動というミクロな視点におろしたものが行動心理学です。

 

どれも”有限なものを振り分けること”を研究してます。

 

 

僕もたまに上手に振り分けられてるかなと、

振り返る時間を作っています。

 

振り分け上手は投資もうまいです。

 

お金の振り分けはもちろん、

時間の振り分けも上手くなっていきましょう。

 

 

・僕は基本的に水しか飲みません

 

とは言っても、

人間の行動はほとんど無意識によってコントロールされています。

と言うより自分でコントロールしていることの方が少ないです。

 

無意識に瞬きするし、

無意識に呼吸してるし、

無意識にお腹すくし、

無意識に汗かくし、

 

意識によってコントロールできてることってほぼないです。

 

 

例えば、ご飯を食べる時は胃に支配されてます。

「そろそろ栄養を補給したいからお腹を空かせて胃にご飯を入れるか。」っていう人はいないわけです。

 

胃に食べさせられてる状態です。

人間の脳がそういう風にプログラミングされてるから、

手がお箸を持って、目の前のハンバーグを口に運ぶわけです。

 

 

もし、3日ご飯を食べていない時に、

目の前にこってりした豚骨ラーメンがある。

そんな状況で「いや、今は投資の勉強しなきゃ」とはならないわけです。

 

胃が「そんなことはいいから箸を持て。」を言ってくるわけです。

 

 

この状況は大袈裟じゃなくて、

投資やビジネスでも行動はコントロールされてます。

 

歯磨きするかのように、投資の勉強する人にとって、

投資で成功するまでの道のりで苦痛は一つもありません。

 

無意識がそうさせるから、「ご苦労されたでしょう。」と言われても

「え、なにが?」と、なるわけです。

 

僕は飲み物は基本的に水しか飲まないんですが、

その習慣も初めは誘惑もあるけど、

今では逆に水以外を飲むことの方が苦痛に感じてくるわけです。

 

意識から無意識を書き換えた状態。

 

 

とにかく、

”自分のことでも自分でコントロールできてることはない”

ってことです。

 

それくらいに思っておいたほうがいいです。

 

 

 

 

・人が変わる時

 

新しいことをするとか、

過去の自分から進化したいって時は、

三つのことをすると変われるといわれています。

 

それは、

・付き合う人を変える

・住む場所を変える

・習慣を変える

この三つ。

 

習慣を変える、は一番難易度が高いです。

 

なぜかというと、

付き合う人を変えるのと、住む場所を変えるのは、

前回の記事でも書いた「真似っこ細胞ミラーニューロン」が勝手に変えてくれるから。

 

細胞レベルで近くの人と同じ感じになってくるので、

変化する時に苦痛がありません。

 

僕はこの三つ以外にも、

「情報のシャワーを浴びる」

と結構楽に進化していけるなと感じます。

 

だいたい他の情報をシャットダウンして、

その分野の情報を動画や音声で聞いてれば3日間くらいで視点が変わります。

 

何かしらのめり込む期間を作りましょう。

 

集中する時にオススメなのは

耳にフィットするイヤホン。

 

人間の五感である聴覚を奪うことで、

他の感覚が研ぎ澄まされます。

 

 

というわけで、今回は

・時間の投資家であるという話、

・コントロールできるできることは皆無という話、

・無意識を変える方法

について話してきました。

 

今日は以上になります。

時間とお金の振り分け方を意識してみてください。

 

ps

9日で募集が終わった相場ゼミ2期が

6/15(水)12:00から6/22(水)23:59までの7日間限定で再募集を開始しました。

(一回目のセミナーは動画で見れます。)

 

まだ間に合うので、

投資を勉強する時間を、

間違った場所に振り分けて

知らない間に資産を失いたくない人は参加しておいてください。

(もちろん僕の特典「相場ゼミ×専業投資家FXツアー」もつきます。)

 

相場ゼミと特典についてはこちら。

募集終了。

 

ps2

投資を学ぶ時期って僕は何歳でもいいし、どのタイミングでもいいと思うんですが、

株に限って言えば、これからの”市場崩壊”に向けて勉強しておくと、

後で後悔しないかなと感じます。

 

今、投資の世界では大きな変化が起きています。

今までと全く違う局面に入ってます。

 

トレード経験長い人なんかだと

「なんかここ数ヶ月、今までと違うな」って感じてると思います。

 

本格的に学んでください。

 

それでは、

今日は以上です。

 

ではでは。