0期生募集中

FXも当たり前レベルを”世界基準”にすると悔しくなれて、成長できる。

どうも、専業投資家FXです。

いまさらですが明けましておめでとうございます。

新年一発目です。

 

気がつけばすでに月の半分過ぎちゃいましたね。

時間は早いので新年の目標はガリガリ達成していきましょう。

 

僕の今年の目標は、
資産億とポーカー世界大会出場です。

 

ポーカーについては前回の記事に書いたのですが、意外に反響がありました。

トレーダーは結構好きな人多いのでしょう。

 

僕のブログで紹介してる「連動銘柄の法則」の著者であるヤーマンさんがオフ会開いたときも会場はカジノバーでしたし、

 

資産200億円のCiSさんもポーカーが大好きらしいです。

(なんかのオフ会であったら是非対決したい。)

 

ポーカーと投資の似てるところや、
僕がポーカーと投資をどのように捉えているのか、
僕が二つを”繋げた”感覚と、プレーするときの思考を話していこうと思います。

 

そうそう、
ドル円、日経ともに爆下げですね。
前回の記事で日足レベルで売りを狙えますねという話をしましたが、空売りを持ってる人はホクホクでしょう。

 

ドル円、日経についてもチャート分析を後半でしていきます。

 

それでは今日の目次はこちら。

——————————

1:上を目指して苦笑いされるくらいがちょうどいい

2:ポーカーも投資も期待値のゲーム

3:ドル円、日経225のチャート分析

——————————

 

ではいきましょう。

大切なことなので、
テレビは消して、
集中して読んでください。

 

1:上を目指して苦笑いされるくらいがちょうどいい

 

ポーカーの世界には数万人の”プロポーカープレイヤー”という人たちが存在します。

カジノやポーカーの高いの賞金を獲得して生計を立てている人たちです。
「ポーカーってギャンブルじゃないの?運でしょ?」

と思う人もいるかもしれませんが、
ポーカーの世界大会の決勝テーブルは毎回同じ顔ぶれが揃います。

 

それが現実です。

 

ちなみに世界大会で優勝すると9億円とか貰えます。
ゴルフの賞金よりも高いですね。

 

どうせやるならここ目指したいですね。

 

 

トレードとポーカーの必要な資質はほぼ同じですから、
あとはそこにどれだけの時間と労力を使えるかです。

 

最近はポーカーに関連する書籍をアマゾンで全部買って、
YouTubeにアップされている世界大会の動画を毎日見て、
トッププレイヤーたちの思考を自分の脳に刷り込んでます。

 

いきなり世界大会目指すなんて言っても周りの人には、

「え?初心者でしょ?笑」

みたいに笑われて終わるんですが、
こういう反応を見て中学生のころの部活を思い出しました。

 

スポーツでも勉強でも、
スタート時のマインドの差ってゆくゆくに大きな影響を与えます。

 

僕は小学校から剣道をやってたのですが、中学生まで自分で
“勝てるラインと負けるライン”
を作ってました。

 

「市の大会では勝って当たり前、自分は強いんだ。
でも県の大会では負けて当たり前、自分はそこまでじゃない。」

という感じ。

 

小学校のときは、
「1回戦で負けて当たり前、
1回戦でも勝てたら大はしゃぎもの。」

と思いながら練習も試合もやってました。

 

誰でも無意識に自分の中のラインがあります。

あの頃は県大会の決勝に出るレベルの人は雲の上の存在でした。自分とは別世界の凄い人。
その人が目の前を通るだけで緊張してしまう、そんな感じでした。

 

試合で対戦しても「勝てるわけないよねー」と思いながらやってるので、本当に勝てない。
しかも負けても全く悔しくなかったです。

 

負けても笑いながら
「くじ運が悪いわ〜、でも3分もっただけ善戦だわ。」
みたいなこと言ってました。

 

でも、中学生のときに県大会でたまたま3位になり、
頂点がもう少しで見えるというちょっとした経験から

「あれ、いままで感じてた壁ってそこまでなくない?」

と実感して、

 

それからは全く勝てないと思ってた相手にも、

「こうしたら勝てそうだな」
とか、
「弱点はここにあるからそこ攻めたら勝てるな」

などと真剣に向き合うようになってから、本当に”当たり前”のように勝ち始めました。
身体能力やスキルレベルはそこまで変わってないです。

 

それ以上に、一番変化したのはどんな相手と対戦しても、

負けるのが本当に悔しくなりました。

 

さらに、その時気が付いたのが、
負けるのが当たり前と思い込むことで、
「負けた時に悔しい思いをすることから逃げてたんだな」という自分の心理でした。

 

その心理に気がついてからは、
練習でも、普段の生活でも「自分のマインドブロックによって制限されているもの」を壊していくようになりました。

 

端から見たら、
僕が偶然県大会で3位になったことなど、
どーでもいい小さなことだと思います。

 

でも僕にとっては人生の真理を知った瞬間でした。

・マインドがすべて
・自分の当たり前レベルが現実化する

これがそのとき体感した真理でした。

 

いまでもこの真理を体感する瞬間は多々あります。

今回のポーカーでも、
初心者だからまずは初心者くらいの人とやって〜、
仲間内で強い方になれたらいいな〜
というところからスタートするのと、

 

毎朝起きてからと毎晩寝る前に、
世界大会のプレーを見て、
「あー自分のライバルはこんな感じでプレーするのか、世界大会で対戦したときはこうしないとな」
なんて考えながら当たり前レベルを上げて向き合ってる人とでは、
同じ時間練習しても全く違うレベルにいきます。

 

本当にマインドがすべて。

 

で、なんで僕がこんな話をしていうかというと、
別に過去の話を聞いて欲しくて話してるわけじゃなくて笑、

 

・トレードに真剣に向き合っているのか?
・損失出した時に本当に悔しい思いしているか?
・本当に心の底からプロを目指しているのか?

と、振り返ってみて欲しいからです。

 

僕がトレードの勉強をしていた頃の姿勢とマインド

 

僕がトレードを勉強を始めたときはポーカーと同様、

「同じチャートなら世界1ピプスとる人になる」

というのを目指してました。

 

みんな見てるチャートの形は同じです。

資金量はみんなバラバラだけど、

獲得するピプス数なら必ず世界一になるチャンスはあります。

 

だから、

「この時間のドル円なら自分は世界一上手にトレードしたぞ!」

と思えるようなトレードを目指してます。

 

当たり前レベルを上げて、

「プロレベルなのは当たり前で、そこから何位になれるかの争いだよな」

って感覚からスタートして欲しい。

 

心どこかで、

「プロみたいに稼ぐのは無理だろうけど、お小遣いになればなー」くらいでやってると、

 

剣道で負けても笑っていた昔の僕と同じで、

次はどうしよう?という未来志向になっていかないです。

 

同じ時間、
同じチャートを見て、
稼いでる人はいるわけですから。

 

損失を出したときは、
誰かに負けているんです。

 

大きなトレンドが出たときに見逃してしまったら、
「このトレンドをとるにはどう考えたら良かったのか?」
を真剣に後悔して、考えますよね。

 

それくらいコミットして欲しい。

 

新年はマインドあげて、
”当たり前レベル”を引き上げていきましょう。

 

それでは次の話題。

 

どうぞ。

 

2:ポーカーも投資も期待値のゲーム

 

「トレーダーやってます」というと、

「これからどの株がいいですか?」

「これからどの通貨がいいですか?」

とよく聞かれます。

 

ある程度は答えられますが

結局、トレードは期待値高い方にかけていく確率のゲームの域をでません。

 

上がるか下がるか、

下がればどこまで狙えそうか?

上がれば明確な損切りラインはどこか?

と、総合的に考えて期待値がプラスになれば掛け続ければいいのです。

 

ポーカーも全く同じ。

 

ポーカー(テキサスホールデム)から見る投資との共通点

 

ポーカーでは、まず2枚のカードが配られますが、
この時点で大抵降りるか、掛け金を釣り上げるかします。

pp150719130i9a0150_tp_v_jpg__1600x1066__%f0%9f%94%8a

強い人同士がやると、
最後のカードをオープンするところまでいかずに、
どちらかが降りる、降ろされる、
を繰り返します。

pp150719320i9a0248_tp_v_jpg__1600x1066__%f0%9f%94%8a

 

自分が勝っている確率と、
得られるリターンと、
掛けなければいけない金額と、
自分の手札が強くなるカードが出てくる確率と。

 

その期待値がプラスになるとこで勝負します。

 

あとは相手の性格と傾向。

 

僕はポーカーもテクニカル分析的に考えるので、
相手の表情やしぐさは一切考慮に入れません。

結局相手がいくら掛け金を釣り上げたのか?
目に見えている情報からパターンを探るタイプです。

 

チャートの動きから大衆心理を理解するのと同じ。

 

逆に、表情や仕草でこの人は強い手札がある演技だなと見抜く人はファンダメンタルズ分析の考え方ですね。

 

どういう心理になってその金額を掛けたのか?
というアプローチですね。

 

ニュースから大衆心理を予測して、
投資していくタイプと同じ。

 

ポーカープレイヤーの性格とスタイルから見る投資スタイル

 

またポーカープレイヤーを分類すると

・堅実にリスクを取らず本当に強い時以外は全部降りるタイトなタイプと、

・頻繁に掛け金を釣り上げて”騙し”を入れながら相手を降ろしてくるアグレッシブタイプ

に分けられます。

 

投資で例えれば、

・本当にテッパンパターンがくるまでエントリーしない手堅いタイプと、

・どの波もとってやろうと積極的に投資していくタイプに分けられます。

 

ちなみに僕がポーカーをやるときは最初の2枚が配られた時点で9割は降ります。

手堅いタイプという印象を与えたいというのもありますが。
(後々”騙し”が成功しやすくなる)

なんとなく、似てる感じ伝わると思います。

 

それとポーカーではトランプが1枚でるたびに、
掛けるか降りるかを選択します。
1枚出てくるたびに勝率は変動します。

 

トレードでは、
一本ローソク足が更新されたら、
買い優勢だったのが売り優勢に変わる場面もあります。
そのたびに掛け金を上げるか降りるか決めなければいけません。

%e4%bf%9d%e6%9c%89%e9%8a%98%e6%9f%84%e3%81%8b%e3%82%99%e8%bb%92%e4%b8%a6%e3%81%bf%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e5%ae%89%ef%bd%9c%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f%e7%b4%a0

非常に似てますよね。

 

実は僕たちは勝率の高いチャートパターンは知識として知っていますよね。
ラインブレイク、ダブルトップ、レンジブレイク、騙しの後の戻し・・・などなど。

 

僕の動画でも多くを公開しています。

 

勝率の高いチャートパターンって何種類もあります。

それを組み合わせて、

確率の高いときだけ掛け金を上げていく、

トレードはそういうゲームです。

 

ポーカーと同じように、

チャートを見たら自分に問いかけてみてください、

「確率は?」と。

 

51パーセントを超えるならまずは、

試し玉を入れてみたらいいでしょう。

 

ローソクが一本更新されたらまた聞いて見ましょう。

「確率は?」と。

 

63パーセントに増えたなら、掛け金を増やしてもいいでしょう。

 

またローソク足が更新されたら、

また自分に聞いて見ましょう。

 

・勝率の高いチャートパターンの形と、

・それを作る理由である大衆心理、

この二つが理解できていれば、迷うことはありません。

 

あとは、

自分が確実に勝てるときは、

いかに利益を伸ばすかを考えて、

勝てるかわからない時は降りる。 ←めっちゃ大事

 

ポーカーでも自分が一番強いと思えば、
あとは相手からどれだけ引き出せるかがテーマです。
損小利大が鉄則。

 

どこに行ってもカモになるタイプは同じ

 

そうそう、

ポーカーをやるときにみんながカモにするタイプは”勝負を降りれない人”です。

なんでも勝負してくるタイプ。
最後の1枚まで見たいタイプ。
投資だと損切りできないタイプ。

 

ポーカーは上手い人になればなるほど、
強い手札でも相手に負けてるぽいなと思えば降りられます。

 

途中で半分くらいのお金を投入してたとしても勝負をおります。
損切りについてはメルマガでもしつこく言ってるので僕の読者さんなら得意だと思います。

 

損切りの観点から見ても投資とポーカーの素質は似てるなと。
興味があればやってみてください。学べます。

 

ちなみに日本人で世界大会優勝者は2人でてます。
木原さんという東大卒のプロポーカープレイヤーの紹介動画。


ちなみに世界大会の雰囲気はこんな感じ。

この時は、22歳のドイツの人が優勝して7億円を獲得しています。

 

 

3:ドル円、日経225のチャート分析

 

さて、それではチャートを見ましょう。

ドル円。

このチャート

img_4697

ドル円の週足です。
下げてますけど、
そろそろ一旦止まりそうな場所ですね。

それでは日足。

img_4698

俄然、売り優勢です。

この次の足が陰線だったらさらに売り優勢になるので、追加で売り。

次の足が陽線なら底が見えてきたかな、という場面。5日線の上で推移してきたら買いの準備です。

どちらにしろ、
この次の足は面白い場面です。

柔軟に対応していきましょう。

というわけでドル円は以上。

次は日経。

前回の記事では、
上昇トレンドが終わって売りで狙えますねえ、書きました。

それから少したって、
綺麗に推移していますね。

週足。

img_4699

トレンドラインを割って、前回安値付近まできました。

ライントレードの基本の形ですね。

そろそろ反発がくるか、
一旦底を形成しそうです。

日足で見るとこんな感じ、

img_4700

やはり次のローソク足がキーになりそうです。

ただやはり、このまますんなり下げるというより一旦反発があるのが自然です。

次のローソク足が陰線で、
さらに下げそうでも、
ここからの売りはそんなに続かないでしょう。

ちょっと上げてから下落したら本物、といった感じ。

というわけで、
チャートの分析は以上になります。

今年も頑張っていきましょう!

ではでは。

 

 

 

Ps
春にポーカーの全国大会にでることになりました。
勝てば海外遠征、すなわち日本代表。

 

そのときはポーカーの分かりやすい理論動画も出そうと思います。

 

 

PPS
勝てるチャートパターンを集めた動画作成中です。
春には公開したいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です