【感謝】中国人に囲まれながらつけ麺を食べた話

どうも、専業投資家fxです。

 

いま沖縄に来ていて、

ホテル近くにあるつけ麺屋さんにやって来ました。

 

すると、

中国人観光客がもの凄い勢いで入ってきて、

横の席とか背後とかにワ〜っと入って来ました。

 

「うわ、いやだなー。」

 

楽しみにしてたお店だけに、

こんな状態で食べるのかと感じるくらいに空間が支配されてました。

 

だってカウンター6席しかないお店の中に、

僕を含めて4人のお客さんと、大声の中国人観光客が7人。

 

もうパンパン。

 

空いてる席はもちろん、

そのへんの台とかに座ってるし、超賑やかでした。笑

 

そして時間帯も早いのか若い定員さんが一人。

 

「店員さん、この人数を回せるんだろうか」

 

と、余計なことを考えつつ、つけ麺を待っていると、

カウンターのテーブルに買い物袋置いたり、

僕を挟んでお金のやり取りしてたり、、

 

「この人たちにはパーソナルスペースという概念がないのか」

と、文化の違いってすごいなと感じてました。

目の前にいてもいないようなもん。

 

 

このつけ麺屋さん以外でも、

国際通りのスタバでコーヒーを飲んでて、

テラスの4人席に座ってたときに、

ちょっとトレイにいって席を外したら、

普通に3人の中国人観光客が座ってたことがありました。

 

「え、コーヒーも荷物も置いてるのに」

と思いながら、その席にまた戻るのもおかしいので、

その席は譲りました。

 

 

人間の精神レベルの発展は経済発展の後にやってくるので、

やっぱりどの時代でも順番は同じなんだな、と感じます。

 

経済的な豊かさ → 精神的な豊かさ

順番にレベルアップしていかないといけないんだから仕方がない。

 

 

そう考えると、

「いつの時代だって若い人の感性が最も正しい」

と感じます。

 

 

歴史上、最も欲求を満たした環境というのは”今”だから。

 

経済は発展し続けてるので当然ですね。

 

 

なので、

それを踏まえて、次ステージの成長をスタートしていけるのは、

子供だけです。

 

 

スマホであるとか電子決済、仮想通貨など、

いろんな新しいサービスが出て来ますが、

今の高校生が大人になったときには、

「仮想通貨ネイティブ」なんて言葉も生まれるかもしれない。

 

そういう世代が大人になったときに、

「何を欲するのか?」

はその世代の感性がないとわかりません。

 

若い人はもともとステージが高いんですよ。

(数字ではなく、心の年齢が大事)

 

 

例えば今のお金持ちっていうのは、

「お金を消費しない」

とよく言われます。

 

 

いくら稼いでも、

高い車を買わないし、高い家に住まないし、キャバクラで豪遊したりしない、、、

 

そんなお金持ちが増えてるとよく言われます。

 

 

これも、

「モテたい」とか「すごいと思われたい」

という自己顕示欲ステージを卒業している世代だからだと思います。

 

よく、

「成金は下品にお金を使って、本当のお金持ちはそんなことにお金は使わない〜」

みたいな論がありますよね。

 

 

これも精神レベルでお金を使う場所が変わるってだけの話です。

 

ものが満たされた後は、精神的な満足を求め、

それも満たされたときは、もっと高次元な欲を求め始めます。

 

今の若いお金持ちも自分のための贅沢はしないけど、

他人の面白そうな企画とか、面白そうな人間には投資するんですよ。

 

クラウドファンディングとかポルカのような投げ銭アプリの誕生も象徴的。

 

 

自分が資本主義で集めたお金を、

またその循環の中に返してよりよくしていく、

という感覚ですね。

 

 

身近な例をあげると学生のバイトとかでもこういう順番ってあります。

 

働き方のマインドが最初は、

「給料もらえればなんでも〜」

というお金と時間の”交換ステージ”から、

 

「給料とか関係なく(いやあるんだけど)、それよりも、より神対応できる店員になりたい!」

という欲求がメインで働き出す瞬間ってあると思います。

成長ステージですね。

 

その後に、

「この自分の能力をどこに持っていけば、社会全体に一番いいのか?」

という循環ステージになっていきます。

 

このように、働き方という視点から見た心にも順番がある。

 

 

ちなみにつけ麺屋さんに来た中国人観光客は、

7人で頼んだラーメンは二つ。

 

これは違うお店のオーナーに聞いたんですけど、

最近の中国人観光客は色々とインスタグラムに載せるために、

大人数でお店に来て一つだけ頼んでみんなで写真を撮る、

という人たちもいるらしいです。

 

「あれ、ほんと困るよね〜」

と話してましたが、

そういう発想できるのが面白いなと。

 

なるべく異文化な人をアドバイザーとかにしたら違う角度から答えが返って来そうで、

面白そう。

 

まあこんなことを、

右と左と背後に大声の中国人、

つけ麺の隣にはドンキホーテのビニール袋、

という過酷な状態で(?)つけ麺を食べながら考えてました。

 

 

 

でも実は、今回の

つけ麺屋さんでの出来事は僕にとっては大きくプラスだったなと感じてます。

 

 

今まで僕は

「狭いお店に大人数で入ったら迷惑かな?」

という視点で考えたことがなかったので。

 

 

お客さんが増えるんだから、

増えれば増えるだけいいんじゃないの?

 

くらいに考えてる時もあったし、

まあ実際にお店側もそう考えてるかも知れないけど、

全体を考えるきっかけをもらったなと。

 

 

昔、高級レストランがドレスコードを設定する意味も良くわかりませんでした。

「なんで売上が上がるのに、わざわざ来たお客さんを断るのか?」

と、不思議でした。

 

 

でもあれはお店全体の価値を考えると断ったほうがいいからですよね。

場に価値があるので。

 

 

これはコミュニティにも言えることですよね。

 

 

僕も今年の1月から「専業サロン」というコミュニティを運営しています。

あえて一般募集をしないでクローズドで案内を流しました。

 

それは全体のレベルを上げるためというのもありますし、

普段から僕の発信を読んで共感できる人を集めたいなと思ったから。

 

 

で、

コミュニティを始めて見たらびっくり。

 

 

スカイプのチャットグループは、

「こうしたらもっとグループが良くなるんじゃないか?」

と考えてくれる人が出て来るし、

 

 

僕が配信している動画セミナーのまとめを作ってくれて、

それをみんなシェアしてくれる人がいたり、

みんなが全体を考えていい方向に向かっています。

 

 

これも僕がある意味ドレスコードを設定したからですよね。

「そうか、自分も参加者になった時、全体を意識してみよう」

そう思った人もいると思います。

 

僕も今回思いましたからね。

 

さっき豪遊しないお金持ちも、

資本主義の循環の中に返すようにお金を使うという話をしたけども、

 

それと同じでお店やコミュニティに入っても、

そのグループの世界観を作り上げている一員である感覚を持つことで、

より多くのことを得れたりします。

 

 

精神レベルが高い行動をしてると、

脳内が騙されて精神レベルが上がります。

 

 

まあそんなことを感じた沖縄のつけ麺屋でした。

 

 

今回みたいに、始めは、

「うわ、やだなー。」

と思ったことでも、プラスのラベルを貼ることで、

良い体験にすることができます。

 

 

何が起こっても、

プラスかマイナスかは結局後づけで、

自分が選んでいるだけです。

 

 

だからなるべくプラスのラベルを貼ることを選択すると、

圧倒的に成長します。

 

 

これはトレードでも一緒ですよね。

トレードしててマイナスになったり、エントリーできなかったり、

いろんなことが起きますが、

「もしここをプラスに変えれるなら、どう考えたら良いのか?」

と考えることで振り返るということができるようになります。

 

 

過去チャートを見る時も、

後づけみたいな感じでいいんですよ。

 

「ここでエントリーするには、どう考えたらよかったのか?」

 

と。

 

 

それを考えていくことで、

次、同じチャートに出会った時にちゃんと対処できるになります。

 

 

損した〜、得した〜、逃した〜、

と、感情の起伏を繰り返しても、その先に成長はないです。

プラスのラベルは自分で選んで貼っていってください。

 

 

というわけで、以上です。

 

 

 

ps

最近、仮想通貨周りが賑やかですね。

 

韓国、中国が規制を掛けようとしたり、

コインチェックという取引所から不正送金が発覚したり。

 

 

その度に

「ああ、仮想通貨はもう死んだ。」

と言う人もいるんですが、

 

仮想通貨・ブロックチェーンっていうのは、

インターネットと同じような「技術」なので、

終わりようがないです。

 

 

国が禁止すること自体が不可能です。

逆に国という概念がテクノロジーによって陳腐化してく、

と考えた方がいいです。

 

 

個人が主役です。

いい時代ですね。

 

 

というわけで、

ユーチューブにビットコインチャートの解説を入れたので、参考にしてください。

 


 

 

では。

 

 

 

コンサルは無料がいいね

こんにちは、専業投資家fxです。

 

今、地元のコーヒー屋で夕ご飯を食べています。

駐車場が広いカフェって長居しやすい。

 

さて、今週もいろんなセミナーを受けたり、

本を読んだりしてます。

(本は毎日買ってます。)

 

 

普段、誰とも会わないことで有名な僕ですが、

最近は珍しく、限定の対面コンサルをしています。

 

 

時には「代わりに運用してくれ」なんて言われたり、

他コミニュティでの出演を頼まれたり、

いろんな人がいますが、実際やってみて楽しいなーと感じますね。

 

特に情報発信をしていこうとしている人と話すと面白い。

 

また投資ブロガーの話とかも音声にとるので、

環境認識論セミナーの追伸でまた配っていきますね!

 

 

今まで対面でのコンサルって、割に合わない労働だなーくらいにしか思ってなかったんですが、

1人1人と向き合ってきちんと時間を取って相談に乗れば、

お金じゃ買えない莫大な経験値が手に入ります。

 

お金で考えたら、

1日で30万円でも僕はやりたくないのですが(だってそれならトレードしたらいいので)、

無料でならやってもいいかなと思いましたね。

 

 

・・・と言ったら、

「無料でやって下さい!!」

ってメールが大量に来そうなので、

一般募集は残念ながらしないのですが、

何かのタイミングで、どこかのメルマガで突発的にやったりします。

運が良ければ、是非お越し下さい。

 

 

どんどん成功者輩出させていきます!

 

ではでは~。

 

 

 

ps

新しい動画とりました

仮想通貨のリップルのチャートについて

 

 

 

仮想通貨のチャートもテクニカル分析通りに動いてますね。
また動画取ろうと思います。

橋下徹の講演「なぜ大阪が発展しないのか?」から学ぶ成功者の思考法

どうも、専業投資家fxです。

 

先日、大阪で橋下徹さんの講演会を聴きに行ってきました。

講演では橋下さんが大阪都構想の考えに至たるまでの思考を話していたので、

それについて思ったことを書いていこうと思います。

 

 

 

 どうして大阪は発展しないのか?

 

 

「どうして大阪は発展していないのか?」

と考えた時に橋下さんは、

理由を”明治から遡って”考えてみたらしいです。

 

 

すると、

「府と市の関係性」が発展の邪魔をしている、

という結論に至ったと話していました。

 

 

構造的に、

大阪市 vs 大阪府

の構図になっているからなかなか物事進んでいないと。

 

 

例えば、大阪の地下鉄の作り方。

 

地下鉄は本来、移動しやすいようにそれぞれの路線をなるべく繋げて、

グルグル回すのが理想なんですけど、

大阪の場合は大阪市内で途切れていることが多々あります。

 

 

その理由は、

市と府の境目の場所にある駅は、

”市と府、どっちがお金を負担するのか問題”

が起きて話が進まないから。

 

 

二つの組織が対立してるからお互いがミクロな視点で考えていて、

全体の利便性が減ってるパターンですね。

 

 

これは日常生活やセミナーでもよくある話です。

 

 

例えば、経営者が、

「なるべく社員から搾取してやろう」

と考えていて、

 

社員側は、

「なるべくサボって給料だけ搾取してやろう」

と考えているとお互い得しないですね。

 

結果、会社潰れるので。

 

 

逆に、お互いが運命共同体だよねって認識になると、

長期で見たらお互いに得します。

 

 

セミナーでも参加者を儲けさせることにコミットしている人は、

結果的にチーム全体が儲かるので、

またその人のセミナーは満員になるといういいスパイラルに入ります。

 

 

逆に搾取しようとしている人は、

参加者も稼げないし、

次回セミナーには人が集まってきませんよね。

 

 

結果、全員が不幸になる。

 

 

 ヒーローの作り方

 

 

こんな風に、

「AとB、どっちがとるのか取るのか?」

と考えていると停滞していきます。

 

お互いがバチバチしている状態↓

 

そこに、

「でもさ、AもBも大きく見たらチームだよね。Cという大きな概念を作ろう。」

と、言い出す人のことをいつの時代も変革者(ヒーロー)と呼びます。

 

Cという大きな括りで考えて、

両者にCの方向を向けさせている状態↓

 

この状態を作ると時代は進んでいきます。

ポイントは両者が目を向ける場所を変えること。

 

 

壁は氷山の一角

 

橋下さんが歴史を辿っていき問題の本質を炙り出したように、

問題の本質っていうのは海に潜っている氷山だとしたら、

目に見える壁っていうのは氷山の一角であることがほとんどです。

 

だから目の前の壁を越える方法を考えている人たちの中で、

「あ、問題ってそこだったんだ!」

というような問いを出せる人は、

どこからも引っ張りだこです。

 

本質的な思考の癖を身につけてる人が少ないから。

 

チャートでも多くの人が、

シグナル配信に惑わされたり、

小手先の手法に惑わさたり、

本質ではないところで壁を解決しようとしてます。

 

例えば、ジグナル配信で資産を2倍にできたとして、

そのシグナル配信が終わったら、もう終わりですからね。

 

長期的に人生を豊かにすることはできません。

 

本質はそこじゃない。

 

解決しないで回避しようとした問題っていうのは、

また同じ問題が必ず現れます。

 

 

例えば、

あなたが結婚式のスピーチを頼まれて、

「う、苦手だから回避しよう。」

と、なんとか回避しても、

別の場面でみんなの前でスピーチすることになったら、

また頑張って逃げないといけません。

 

 

問題はそこじゃなくて、

スピーチできない自分にありますよね。

 

スピーチできる自分になってしまえば、

もう二度とその問題を、問題と感じることはありません。

一生涯、その問題は現れません。

 

問題の本質ってそういうこと。

 

 

お金についてもそう。

 

 

お金や安心を得るために、

大企業や公務員を目指すというは、

小手先の解決法です。

 

 

それよりも

「労働収入に頼らないといけない状態」

というのがそもそもの問題で、

仕事を一切気にせずに、

自由にお金を使っても勝手に資産が増えていく。

そんな状態を目指さす方がよっぽど安心です。

 

逃げ続ける労力よりも、

本質的に解消した方が実は楽だったりします。

 

 

橋下さんの問題アプローチを聞いて、

そんなことを感じました。

 

 

 

講演でも、

「歴史を辿って原因を追求することで、”現状が全て正しい”と捉えずに、ゼロベースで考え直すことができるんだ」

と言ってましたが、政治以外でも当てはまりますね。

 

 

 

ドル円の価格も基準なんてないですからね。

ビットコインだって今の価格は何の参考にもならない。

価値は常に動いているから。

 

 

株価200円の株があったとして、

それが5000円になるんじゃないか?

と思えるのもゼロベースで考えれるから。

 

 

 

とかとか。

本質をついていける人の話は面白い。

 

 

 

メール紹介と返信

 

それでは今日はメールとそれに対する返信をしていきます。

こんなメールをもらいました。

 

専業投資家FXさん
初めましてこんばんは。
岡本と申します。

私があなたのメールマガジン登録をしたけっかけは、

株を始めようと思い、youtubeで探していたところ、

「投資を始める前に見て欲しい動画」を見た事がきっかけです。

 

私が株を始めようと思ったきっかけは、

自分の好きなことを好きな時にしたいと思ったからです。

 

専業投資家FXさんも、

同じような考えを持っているのだと思い興味を持ちました。

 

私達日本人は、何か特別な家族や環境や教育がない限り、

まず投資を職業として生計を立てようという思考がありません。

 

そうして私は大人になり、いつしか仕事、労働をし賃金を稼ぎ生活をする為に、

企業にある一定の時間拘束される事が苦痛になりました。

 

私にはやりたい事があります。

学びたい事も、行きたい国もあります。

 

ですが私が何かをしたいと思った時にお金が無かったり、

会社の休みが取れなかったりする事が悔しい、苦しいと思い、模索していたところ、

株にたどり着きました。

 

専業投資家FXさんはFXですが、株のyoutube動画もいくつかありましたので、そちらを見させていただきました。

私は株で安定したトレードが出来るようになりたいです。

 

これで食べていけるくらいになりたいのです。

 

しかし私が何も無い所から始めているせいか、

専業投資家FXさんのメールマガジンは私には難しいように感じます。

 

株式トレードの技術と知識を身につける為に、

学校に通い勉強する必要はありますか?

 

現在、SBI証券で口座を作り、株トレードをいくつかしてみましたが、上手くいきません。

理由はチャートを読み解く力がまだ無いのと、損切りが出来ないからだと思います。

 

あとは探せば探すほど情報があり過ぎて、

なにから初めて良いのか、なにを取捨選択すべきなのか分からなくなっています。

 

よければチャートの読み方について、

銘柄選びについてご教授願いただきたいです。

 

夜分遅くに長文申し訳ございませんでした。

岡本

 

岡本さん、メールありがとうございます。

 

株のトレードがうまく行かないということと、

勉強するときの情報の取り方についてですね。

 

 

情報の取捨選択について

 

基本的に情報っていうのはたくさんあったら良い、ということはありません。

 

「一冊の本が人生変えた」

という例もあるし、

 

「尊敬する人の一言で人生が決まる」

ということもあります。

 

少ない情報でも大きな変化をもたらす =  あなたにとって濃い情報

です。

 

 

そんなところから情報を手に入れるようにすると人生はどんどん激変します。

 

だからオススメの情報の取り方は、

自分が「この人の言葉はスッと入ってくる!」

という人を見つけて、 その人からの情報をとことん学ぶことです。

 

万人にいいものってありません。

受け手側の心が多種多様なので。

 

 

だから”人基軸”で選んで、

この人の話は自分にすごく入ってくる人を見つけたら、

その人から集中的に学ぶのが一番早く成長できます。

 

 

昔から成功哲学でも、

「メンターを見つけることが大切」

と言われますが、同じことですね。

 

 

”あなたが”、

もっと読みたい、もっと聞きたい、

と思たら吸収率が圧倒的に上がりますからね。

 

人には相性があるので。

 

 

だからスクールにしても

「この人!」

という人がいるのであれば入ればいいと思います。

 

 

それと、質問はチャートの味方についてですね。

 

 

鉄板チャートのポイント(十字線)

 

チャートの見方については、僕は

 

・前回高値安値、

・移動平均線、

・ローソク足、

・トレンドの起点と終わる前兆、

 

を意識しています。

 

 

一つわかりものをあげるとしたら、

前回安値での十字線。

これが出たら買いで入ります。

リスクリターンがいいので。

 

 

前回記事の東京電力トレードと同じパターンですね。

 

このタイミング↓

 

とは言っても、

こういうところでエントリーできるのは、

環境認識ができている前提です。

 

僕の動画セミナーでも様々な事例を出しましたが、

全くの知識ゼロでもいろんな事例を見ていけば、

自然と身につくかと思います。

 

 

 

それと銘柄の選び方ですね。

 

銘柄選定の考え方

 

これは”旬な情報”になるので、

僕もその都度発信したりしてますが、

正直いろんな複雑な要素や裏話などがあるので、法則化が難しいです。

 

 

でも、

トレードでコツコツ利益を出すスタイルであれば、

出来高が多くて値動きが大きい銘柄を選べばいいかなと。

 

コツコツトレードするのであれば、

東京電力やトクヤマなどはおすすめです。

 

あとソフトバンクなんかも個人投資家には人気ですね。

 

 

 

逆に、

一気に上昇する、いわゆるテーマ株や、

材料株についてはその都度変わるので、

俯瞰した目を持って次はどこにお金が流れるのか、

を考える思考が必要になります。

(正直、表に書けないことも多々あり)

とまあ、こんな感じです。

 

 

情報の取捨選択は本当に大切で、

普段接している情報が脳みそを作っています。

 

 

自分がこうなりたいな、とか、

自分が素直に学べるな、と感じる人から学ぶようにするといいと思います。

 

 

人生のステージによってメンターを変えたりしてもいいので、今一番、という人を選ぶのがいいですよ。

 

 

 

というわけで、

今回は以上です。

 

 

今日は、橋下徹さんの話から、

・本質の思考法
・ヒーローの作り方
・見えている壁と本質の問題

 

 

岡本さんのメールから

・情報の取捨選択の仕方
・鉄板のチャートポイント(十字線)
・銘柄選定の仕方

をお話しました。

 

 

それでは今日も頑張っていきましょう。

 

 

ではでは。