0期生募集中

美容師の名言とデイトレMAX対談第3話

チョコレート_-_Google_検索

どうも、専業投資家FXです。

 

今日は美容師の友人にパーマを掛けてもらいました。

大阪では非常に有名な美容院で、
スタッフの方の心遣いが非常にレベルが高いところです。
そんな美容院で働く友人に教えてもらったのが、題名にもなっている
「パーマはチョコレート」です。

 

 

どういうことかというと、
髪の毛にパーマを掛けるためには

 

まず、髪の毛を柔らかくするするための薬を付ける。

そして、水で流す。

その後、髪の毛を固める

 

という感じらしいです。

 

 

チョコレートを一旦熱で溶かして、
型にはめて冷蔵庫に入れるのと同じ感覚なんだとか。
他にも美容師の国家試験には、
物理や化学、保険など9科目の試験があることなどなど、
そんな事を教えてもらいながら、楽しい時間を過ごしてきました。

 

 

 

 

一旦柔らかくして、形を整えて、固定する。

 

 

新しいことを覚えるときって、これと同じですよね。
為替トレードでも、変な先入観が付いてしまっているのなら、
一旦頭の中をフラットにする必要があります。

 

その世界のルールを頭の中に落としこむ必要があるのです。
例えば、本当の初心者は、
「トレンドに乗る」ことができません。

その原因は”値ごろ感”で買ったり売ったりするからです。

 

「安いから買う、高いから売る。」
というのは、FXトレードには向かない思考法です。
初心者程この思考にとらわれがちです。

 

 

 

「こんなに下がったんだからそろそろ上がるだろう・・・」

で買ってみたら下降トレンドがずっと続いて、
一回のトレードで破産・・・・なんてこともありえます。
そもそもなんで安くなったら買い、
という思考が存在するのかというと、
買い物の世界では、これは正しいルールだからです。

 

 

 

モノを買うとか、サービスを受けるときは
「なるべくなら安く買いたい、なるべくお金を払いたくない」

逆に、モノを売るときは、
「なるべく高く売りたい、なるべく多くのお金が欲しい」

 

このように思うのが普通だし、
資本主義のルールとして正しいことです。

 

 

 

でも、現実の世界でモノを買う行為と、
相場の世界で外貨を買う行為は全くルールが違うのです。

 

 

その「場」を支配するルールが違うのです。

 

 

 

”郷に入れば郷に従え”という言葉もあるように、
相場でトレードしようとするなら、
相場を支配しているルールを理解する必要があるし、
そのルールを理解した上で行動する必要があります。

 

 

そのためには、
早めに「現実の世界のお金の使い方」と「相場の世界でのお金の使い方」の2つの世界をはっきり区別しなければいけません。

 

 

全く違う世界なのです。
新しい世界のルールを体得するためには
その世界で活躍する人の情報をシャワーの様に浴びることが必要です。というより近道です。
理解より先に、”FX脳”を作ってしまうのです。

自分を変えようとするときはセルフイメージから変えるのが一番早いですよね。

そんなイメージです。

 

 

僕が書籍などで学ぶより
動画で学ぶべきだというのも
動画の方が文字よりも”FX脳”を作りやすいからです。
なるべく五感を使ってトレードスキル吸収していきましょう。

 

僕たちは1日の中で、

どの世界の話を受信している時間が長いかで、

人生は決まります。

 

よく「収入を増やしたければ、収入の高い人の輪に入りなさい。」と言いますよね。

あれは、収入の高い人の会話は、そう出ない人と違うため、

一緒にいるだけで”高収入の脳”になるから、あの法則が成り立つのです。

 

同じように、FXの事を1日中考えたり、情報を聴いたりしていれば、

そのFXの世界で活躍できるようになります。
相場の世界での話を吸収する時間を増やしてください。
一日中相場のことを考えてみてください。
それが楽しくてたまらないという感覚になったとき、
絶対に稼げるようになります。

 

 

今日は

デイトレMAX対談の第三話を紹介します。
是非見ておいてください。

 

デイトレMaxの全動画とレビューはこちら

デイトレMaxレビュー

 

PS:

ドル円は日足のレンジのラインを超えられない様ですね。
日足レベルでのトレンドが出るのは、もう少し時間がかかりそうですね。

昨日書いた株の
ソフトバンクは7900円ジャストで決済できました。
他の2つはまだ保有してます。

株の場合
売りポジションを長く保有するのは好きでないので、
週末を挟まないように明日タイミングを見て決済します。

 

というわけで、
今回は、「髪の毛のパーマの話」から「相場を支配するルールについて」のお話でした。

 

本日はこれで以上です。
ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です