0期生募集中

FXの詐欺商材を紹介するブログがあっても良い理由

どうも、専業投資家FXです。

 

今日は、僕が考える「理想の投資教育像」について話そうかなと思います。

 

理想というのは、

「今後稼げるようになる(であろう)」という意味で、

決して「講師は人格者であるべき!」とか、

そういう綺麗事を言っている訳ではないということを、

はじめに書いておきます。

 

じゃあ、僕が考える”今後の投資教材のあり方”ですが、

 

「詐欺みたいな教材だろうがなんだろうが、

多くの人が興味を持ってなおかつみんなに感謝される教材」

 

です。

 

 

「おいおい、いきなりなんてことを言うんだ。

頭おかしいのか?」

 

と思われるかもしれませんが、

僕は真剣に言っています。

 

 

では、その理由をお話します。

 

 

そもそも、僕は、

”万人が満足できる教材なんて絶対にありえない”

って思ってます。

 

 

超基本的なことを書いたら、

「レベルが低い!」

って文句をつけてくる人が必ずいるし、

 

逆に抽象度をあげると

「初心者向きじゃない!」

と文句を言ってくる人が必ずいます。

 

そして、

結果が出なかったら、

「詐欺だ!」

とか言う人もいる訳です。

 

 

ネット上には多くの教材をレビューする人や、

ブログを書いたり動画をアップしたりして、

「教材の良し悪し」

を判断する人がたくさんいます。

 

この教材は再現性がある、

この教材は再現性がない、

この教材は詐欺だから買わないように!

 

こんな感じで、評価していく訳です。

でも、僕からしたら、そんなことはどうでもいい。

 

前回からトレンドディスカバリーFXと言う教材を紹介するよと案内してますが、

この教材がいいか?なんてどうでもいいんです。

詐欺だろうとなんだろうと、どうでもいい。

 

 

もちろん、僕はレビューに書いた通り「良い」と思って紹介します。

これだけ整った環境がもらえる訳ですから、

教材の域をはるかに超えてるなと。

 

ただ、僕が良いと思ったものを、

全員が「良い」と思うかなんてわからない訳です。

 

 

もしかしたら、中には

「内容が詰め込まれすぎて消化できない!詐欺だ!」

みたいなことを考える輩もいるかもしれない。

 

結局、

教材が良いか悪いかなんて、その人次第な訳で、

僕がどうこう言える問題でもない訳です。

 

 

でも大事なのは、

教材本編が良いかどうかではなく、

「その教材をどう使うか」

なんですよ。

 

 

 

極論、僕は詐欺教材だって、

紹介しても良いって思っているわけです。

 

だって僕、いろんなトレード教材を見たことありますが、

別にやろうと思えば勝てるようになる内容ばかりでしたよ。

 

と言うか、インフォトップとかにある教材の大半は、

ほとんどがエントリータイミングを教える系なので、

どこで使うか、どうやって使うかが大事な訳です。

 

 

料理で言ったら、

一流の料理人は、

たとえどんな素材を使おうとおも、

それなりに美味しい料理が作れます。

 

 

料理が下手な人は、

たとえどんな素材を使おうとも

まずい料理しか作れません。

 

だからレビューを淡々としている人たちは、

「僕はプロの美食家です(ドヤっ

この料理は高い食材を使っているので、美味しいです。

でも、こっちの食材は、安い食材しか使ってないので、

全員を満足させれる料理は出てないでしょう。

だからこれは詐欺です!」

 

って言ってるだけな訳で、

 

でも、僕が考えている、

今後の投資教育(投資系情報発信者)のあるべき姿は、

どんなまずい食材だろうと、

調理して自分で美味しいものに変えられる人間にしていくような、発信です。

 

 

だから

「この教材は初心者向きじゃないからゴミだ!」

とか言うなら、

初心者向きの企画をつけたらいいわけで、

 

ただ、良い、悪いを区別しているだけの記事を探すことに、

もはや意味なんてないんですよ。

(他ブログの運営者に向けても書いてます)

 

昔みたいに、

露骨な詐欺商材が横行していた時期ならともかく、

今やどの教材もそれなりにまともで、

レビューしている人もたくさんいるわけで、

どれが良い教材かどうかなんて、だいたいわかります。

 

でも、大事なのは、そこじゃないよね、

ってことです。

 

で、

今回の特典も、

あくまでトレンドディスカバリーにそって作ったのですが、

僕は僕なりの”環境認識論”があるわけです。

なので、それを是非、学んでもらいたいのです。

 

すでに、いろんな人からメールをもらって、

みんなの意見を動画内に反映させています。

 

話を聞いていて、気がついたこと。

 

みんなが見えない悩んでいることが見えてきました。

それが「トレンドの転換点をだいたいでも予測する”勘”がない」と言うこと。

 

 

例えば、

上昇し始めて、

「この上昇をみんなはどれくらいで終わると思ってるの?」

っていうこと。

 

ツールとか、投資の本、ローソク足のパターン、とか見たら、

「いまから買いを狙う気もするし、売りパターンが出たら売りな気もする」

というそもそもどっちを狙えば良いのかわからない、

 

どうやって、

”目星を付ける”かがわからない。

 

そう言った悩みが非常に多い。

 

 

で、これはですね、

僕がいつも言っている「ラインを意識するトレード」とかとはまた別の力で、

「大局観、相場の基本の流れ方」を鍛える必要があるなと感じました。

 

ライントレードとかは、

相場で取引が集中してる価格帯を意識してトレードする力ですが、

 

相場の基本の流れは、どんな風にチャートが繰り返されているか、

っていう、まあピンポイントに見るんじゃなくて、

ずっと続いているチャートの基本の動きを理解する力です。

経験が長い人間とか法則を自分で発見できる研究気質な人は得意なんですが、

なかなか慣れてないと、難しい部分も多いかなと思います。

 

 

 

ps

 

ここ最近ツイッターでわざとドル円の動きを追いかけるように、

つぶやきをしてきました。

 

 

 


こんな感じで、

ずっとチャートを追いかけながら呟いて見てました。

 

ここ最近のドル円のつぶやきをまとめると、

こんなタイミング。

 

 

 

 

最後の利確のつぶやきの後には、

実際に大きい調整が入りました。

 

細かいチャート

 

実はこれも今回話した「環境認識論セミナー」のシンプルな方法を使っています。

それに興味を持ってもらうために、連チャンでドル円だけを追いかけてつぶやきました。

 

一連のチャートの流れを全部とっています。

これは誰でもできるようになります。

シンプルなので。

 

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です