FXのプロトレーダーが提供する初心者からFXをはじめる無料メールマガジン

大阪楠葉にある「ゆにわ」に行って、感じた上質なものが醸し出す共通点

どうも、専業投資家FXです。

 

もうすっかり秋ですね。

寒いです。

 

現在僕は、大阪の楠葉というところにいます。

 

楠葉はいい街、こんな街

 

楠葉は、大阪と京都のちょうど県境にあります。

 

このへんは最近開発が進んできていて、

比較的新しい建物が多い場所みたいです。

 

%e6%a5%a0%e8%91%89%e3%80%80%e9%a7%85%e5%89%8d_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a2-2

 

とあるお店に行くために、

わざわざここにやってきたのですが、

いい街です。

 

 

駅周辺には背の高い建物はそこまでないのですが、

くずはタワーシティーというマンションという、

地上41階、高さ137mの建物があり、

周辺で唯一高い建物なので存在感がすごい。

%e6%a5%a0%e8%91%89%e3%80%80%e9%a7%85%e5%89%8d_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

上が二つに分かれていて、

都庁に似ている作りですね。

 

神様ごはんのゆにわ

 

さて、ここ楠葉には「神様ごはん」という本で有名な「ゆにわ」というご飯やさんがあります。

 

ここに来るために、

やってきました。

 

 

僕も最近耳にしたのですが、

ここのご飯を食べるとエネルギーが高まるらしいです。

 

ちょっと信じがたい、怪しいお話ですね。笑

 

ご飯によってエネルギーが溜まるというのは、

よく理解できなかったのですが、

気になったのでとりあえず新幹線に乗って行ってみました。

 

お店は駅から一直線に15分くらい歩いた場所にあります。

外観はこんな感じ。

32_32

外から見たら普通の定食屋みたいな感じですね。

 

店内はこんな感じ。

s__72785927

 

神道の考え方を継承しているらしく、

店内は神社みたいな感じになっています。

 

「お店を神社に見立て、台所に神様を呼び込み、食べる人を幸運にしてしまう」

というのがコンセプトみたいです。

 

話を聞いてみると、

食材への気の使い方がすごくて、

お米に至っては、お米専用部屋で湿度、温度管理をし、

欠けているお米を目視で排除してから炊くらしいです。

 

「欠けていてもいいじゃん、そこまでしなくても」と思うのですが、

”エネルギーが高い”というのは、こういうところからきてるんだろうとおもいます。

 

例えば仕事をする部屋でも

「そこまで気にしなくてもちょっとくらい汚れててもいいじゃん」

という空間は自然とやる気が下がってしまうもの。

 

空間とメンタルはリンクしています。

 

 

 

それと同じで、

ご飯も”味”を食べてるわけではなく、

空間や、一緒に食べる人や、使うお箸や食器などによって、

食べた後の感想は変わりますよね。

 

同じ、

「お腹がふくれた。」

でも意味合いが全然違う。

 

全てはメンタルとリンクしています。

筋トレすると収入が増えるっていうのも、

カラダとメンタルがリンクしているからです。

 

世の中に、

メンタルとリンクしていないものは存在しない。

 

 

建築デザインの世界でも、

「神は細部に宿る。」という有名な言葉があります。

食の世界でも同じですね。

 

もちろん、投資の世界でも同じ。

細部にヒントがたくさんありますよね。

ざっくりチャート見てたら気がつかない。

 

 

靴を揃えない人は成功者とは言えない

 

 

筋トレとかしない、空間とか意識しない、

でもチャートはちゃんと見てお金稼ぎたい、

って思う人がいたら僕は、時間かかるだろうなと思います。

 

だって、全部同じ人がやっていることなので、

一つだけ完璧にするって無理が生じるから。

 

 

それって、

目上の人の家に行った時だけ靴揃える、

みたいなイメージですね。

 

普段から靴を揃えている人と、

目上の人の家の時だけ靴を揃える人、

どっちが信用できる人間かといえば、普段から揃えている人です。

 

それと同じで、

「一個のパターンの時だけ俺は頑張る!」

って場合、無理をしている状態なので、続かないです。

 

恋愛だったら、

フリをしている状態。

 

いい男のふり、いい女のふり、をしている状態。

いつかボロが出るので、本物にならないとダメ。

 

そのために一見関係がなさそうな分野でも、

一流の意識を持って取り組む。

そんな感じ。

 

 

さて、料理に話を戻しましょう。

 

 

コース料理3980円

 

ゆにわの料理はこんな感じのが出てきました。

 

カボチャのスープ。

飲みやすい。

s__72785924

 

サラダは、レモンとヨーグルトを混ぜた泡状のドレッシングが本当に美味しい。

s__72785931

 

鴨肉はもちろん、昆布巻きの昆布が美味しい。

梨には、黒ごまのソースがかかってました。

上品な味。

s__72785922

 

お米、味噌汁。

お米自体がとにかく美味しい。石川県のお米。

s__72785928

 

ローストビーフとイチジク。

確か富山県のお肉。

s__72785930

 

最後、別で頼んだプリン。

s__72785929

 

こんな感じの料理。

 

味はもちろん美味しいのですが、

”余韻”がいい料理でした。

 

上質なものを見極めるための共通点

 

どんな作品でもそうですが、

上質なものって余韻がいいです。

 

 

例えば、

ドロドロ系のラーメンも食べたいと思う時もあるし、

で、食べてる最中も美味しいんですが、

食べた後に「しんどい。辞めとけばよかった。」となったり、

眠たくなったりします。

 

映画とか、本でも、

読みたい!!と思わせる、読んでる最中も興味を刺激されてどんどん見たくなるものってあります。

でも見た後に、なんか疲れたなあってなるものってあります。

2chまとめ、とかはその類ですね。

 

逆に読んでる時にしんどく感じても、

読み終わってから「読んでよかった!!」と思える作品もあります。

 

 

この違いは製作にかけた、エネルギー量なのかなって思います。

2chまとめとかは、みんながさらっと吐き出した言葉を羅列したものなので、

エネルギーをかけて作られたものではないです。

 

でも1年間かけて作られた映画とかはそこにかけたエネルギーはものすごい。

それを無意識に観る側は受け取ってます。

 

映画も”映像”だけじゃないものを受け取ってるし、

料理も”味”だけじゃないものを受け取ってるし、

チャートも”形”だけじゃないものを受け取ってます。

 

いいものは”余韻”に出る、と言いましたが、

トレードもそうです。

 

利益関係なく、いいトレードをした後は、

”余韻”がいいです。

「よし、次につながるトレードだ。」と。

 

 

人間関係もそう。

会った後に余韻がいい人っています。

また会いたいなと思う人。

エネルギーもらえたなって思う人。

 

僕たちは目に見える物理空間と、

目に見えない情報空間という二つの世界を持っています。

 

「目に見えないものの方が大切だ。」というのはよく言われますが、

情報空間でのやり取りの方が僕たちに与える影響は大きいです。

 

 

催眠術師なんかは、

この情報空間で相手を支配するスキルを高める練習をするらしい。。

 

 

と、上質なご飯を食べながら、

こんなことを考えていました。

 

ランチで4000円くらいなので、

安くはないですが、それ以上のリターンがあります。

確かコースじゃなかったらもっと安かったと思います。

 

興味ある方はぜひ、行ってみてください。

 


上質なものを取り入れていきましょう。

 

 

世の中にあるものは全て作品

 

 

セミナー、教材、本、映画、食べ物、人間、

僕たちはいろんな”作品”に触れています。

 

僕はなるべく行ったことのないお店でご飯を食べるのですが、

それはいろんな作品に触れたいから。

 

料理だって、オーナーがそれまでの人生で行き着いたものを形にしたもの。

今までの人生で試行錯誤をして生き残った者だけが、

お客さんのお皿の上に乗ってくるわけです。

 

当然、利益も考えて取捨選択して、

たどり着いた最高のものを提供しています。

 

その人の想いを形にしている者という点で、

料理も作品です。

 

画家でいう絵と同じです。

画家も自分の想いを絵に写して、

それを評価してもらう。

 

 

エンドロールで誰も席を立たない映画

 

そうそう、

先日「君の名は」という映画を見に行きました。

 

この映画、かなり面白いです。

まだ見てない人は是非みてください。

 

余韻もかなり良い。

 

普通、映画館で映画をみると、

エンドロールが流れた時点で席を立つ人って絶対にいます。

(僕はどんな作品でも一番最後に席を立つ派)

 

でも僕が見た時はエンドロールが流れても誰も席を立つ人がいなくて、

ライトが明るくなってからみんな帰り始めました。

僕はこの光景を見たのは初めてでした。

 

おそらく、

他の人も余韻に浸っていたのでしょう。

 

そういう作品って、どんな分野でもありますよね。

余韻で人を支配してるんですよ。

 

 

僕の場合は、

それを投資のセミナーで感じたから、

それに心を動かされて、

今こうやって人生を変えているわけです。

 

これを読んでくれいる方には、

いろんな上質な作品に触れてもらえるように、

いろんなものを僕のフィルターを通して伝えていきたい、

そう思って発信しています。

 

 

fxスキャルピング革命のカウンタースキャル

 

それでは、前回から紹介しているjinさんのセミナーについてお話します。

 

jinが次回出す教材の中に

「カウンタースキャル」

という手法があります。

 

今回はカウンタースキャルを分析していきます。

 

そのエントリーポイントがこちら。

%e3%80%904%e5%9b%9e%e7%9b%ae%e3%80%91%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%81%ae%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b

「底かな?」

と思ってから、

「上昇した後の下げがどこまで下げるか見てみよう。」

となって、

「下げが浅い。」

「よし、エントリー」

という感じの場面ですね。

 

他のところも紹介されていました。

%e3%80%904%e5%9b%9e%e7%9b%ae%e3%80%91%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%81%ae%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b

これもさっきと同じように説明出来る。

 

これも似てますね。

%e3%80%904%e5%9b%9e%e7%9b%ae%e3%80%91%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%81%ae%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b

 

 

このエントリーポイント、

僕から直接教わった人はわかると思いますが、

僕が人に教えるポイントとかなり似ています。

 

僕の鉄板パターン。

 

ただ、僕はロジック化するべきでないというふうに考えているので、

これをどんなふうに教えていくのかに非常に興味があります。

 

結局は、

どんな角度から決断に到達しても、

勝っているトレーダーは同じような場所でエントリーしていくことになります。

 

この企画には、

僕も参加して検証していきますし、

それに合わせて、特典セミナーも作っていきます。

 

僕からの特典セミナーが受け取れるのは、

17日からです。

メルマガで紹介します。

 

という、わけで、

今回は以上になります。

 

 

ではでは。

 

 

ps:

前回も紹介した遺伝子別の筋トレ企画。

無料なので是非参加してください。

 

一流のスポーツ選手も取り入れているものを感じてみてください。

ボディーメイクアカデミーを見る

募集終了しました。最新情報はメルマガで。

 

ではでは。

プロも参加している専業投資家fxの無料サロン

fxで自由な生活を実現する講座___Just_another_WordPress_site

僕が実践してきた、ブログには載せていないトレード手法をはじめ、経済、心理学など網羅した濃い内容。




登録するとあなたのトレードセンスは確実に上達する有料級のプレゼントがメールで届きますが中身は見てからのお楽しみ。
メルマガの詳細はこちらから