0期生募集中

負けないトレードに必要な2つのこと

こんばんは、専業投資家FXです。

最近よく、ビジネスやトレードで結果を出した人と話す機会が多いのですが、
その時いつもみんなが言っているのが、

「マインドと環境認識をちゃんとできてる人ってほどいないですよねー」
ってことです。

 

これは、稼いでいる、稼いでない、関係なく。

 

なぜ、昔稼いでいた人が、
急に稼げなくなったり、

バブルの時に勝った人は、
2年で寿命がくるって言われたりするのか、

 

僕はこの根本的な原因としては、
環境認識を本質からわかってないし、
”そもそも何もできてない”からだと思います。

 

単純に、相場の転換点がある程度予測できて、
きちんとエントリーと損切りすることができたら、
大損するってことはありえないんですよ。

 

で、誤解を恐れずに言いますが、

 

僕が思うに、
諸悪の根源は何かっていうと、
「サインツール」
だと思うのです。

 

あ、別にサインツールを批判している訳ではないんですが、

 

僕が問題視しているのは、
教材で教えられるロジックに頼りきってしまうこと。

 

これ、本当ダメだと思う。

 

やっぱり、トレードは、
誰が印象を作ったのかはわからない(多分テレビ?)
「特定の手法を繰り返す」
っていうのが常識みたいなとこがあります。

 

でも、ここが落とし穴で、
誰かの作ったサインツールは、
誰かがチャート分析を代わりにやってくれた状態なので、
自分が環境認識をする手間を省いて、
エントリーと利確ができてしまいます。

 

 

つまり、
環境認識、チャート分析の過程をすっ飛ばして、
いきなりトレードできちゃう訳ですから、
めちゃめちゃ簡単に稼げてしまいます。

 

それらが悲劇の始まりで・・・

 

「自分はトレードのプロだ!」
「テクニカル分析の達人だ!」
「稼げるようになった!」

 

って思い込んで、

 

ずっとその真似手法を使おうとするんだけど、
だんだん大きな相場環境が変化したり、
どこでサインが有効かわからなくて損失を出したり、

 

で、また他のロジックを探して、
でもだんだん自信がなくなってきて、

「この人のはダメだなあ。」

とか誰かを批判するようになっていく。

 

どんどんロジック探しにはまっていくと、

 

「・・・あれ、俺、何やってるんだ?
一時期あんなにロジックを真似するだけでうまくいったのに、
なんでこんなに彷徨ってしまっ照るんだろう。」

 

・・・ってなって、負のスパイラルに陥ります。

 

これ、かなり怖い事態だってことに気がつかないといけない。

 

まだ稼げてない人も、です。

 

僕は昔から、
「結局、マインドと環境認識があればいい。」
という主張をしてたのはそこです。

 

残念な勘違いしている人もいて
「ツールだからマインドいらない、誰かに教えてもらうから環境認識いらない」
みたいな感じの人もいます。

 

そうじゃなくて、
「チャートを1から見て、
ちゃんと流れを感じることができないと、
いつかは終わるよね」
ってことです。

 

 

結局、サインツールも使い方を知らないと、
限界があります。

 

やっぱり強いのは、
きちんと環境認識できて、マインドができている、
っていう「当たり前のこと」ができる人間です。

 

というか、
これが基礎の基礎であり、
これを前提にロジックを学ぶことに意味があります。

 

 

もちろん、永遠に稼ぐ自動売買ツールを使い分ければ、
普段は何もしなくても利益を出せます。

 

でも、それもやっぱり「環境認識」ができているからで。

 

 

じゃあ、まずは、
基礎の基礎から学んだ方が早いよね、
ってことで今回のセミナーを作りました。

 

「そもそもトレンドがなんで終わるのか」
「どうやって大底のローソク足でピンポイントでエントリーできるのか?」
って話や、

 

トレンドの終わりを予期するための指標を複数紹介してます。

 

しかも、単に見て知識をつけるってだけじゃなくて、
チャート分析をする時に何をすればいいのかを明確に示してます。

 

 

「別に俺は稼げてるし」
「もう必要ないかな」

 

と言わず、

 

少し初心に戻って、
基礎を学んでみてはいかがでしょう?

 

基礎を固めると、
「大きく負ける」
という心配が無くなります。

 

とりあえず食ってはいけるな、と。
例え全てを失ったとしても。

 

なので、これは本当に全員に参加して欲しいです。
全員を満足させる自信あるので。

 

今からでも全然遅くはないので、
是非参加してみて下さい!

 

 

環境認識論セミナーへの参加はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です