fbpx
セミナー参加者募集中!

最下層から成り上がるルートの昔と今

こんにちは、朝枝です。

 

今回も前から多い質問のテーマに関して答えていくシリーズやっていきます。

個別に答えるよりもその問題ともう出会わない自分になる方が早い。

つまり根本解決できるのは自己成長のみ。

 

成り上がりが生まれる理由

 

さて、「成り上がり」というものが存在するのでしょうか?

 

世帯年収200万の家庭に生まれて、

学費も払えないような貧乏学生生活を、

バイトの掛け持ちでしのぎ、

なんとかブラック企業に就職することが

できたような人間が、

 

独立して、年収1億円を毎年稼ぎ、

行きたいレストランに行き、

食べたいものを食べ、

1泊30万円のホテルに連泊して、

帰りに、ホテルの1階の展示場で販売していた、

3000万円の高級車を衝動買いする。

 

だけど、自分の預金通帳を見たら、

貯金する気はないのに、

勝手に貯金が増えている。

 

税金払うのもったいないし、

一気に全部使っておこうかな、

と使っても、

また来年には1億円のお金が振込まれる。

 

 

・・・こんなのが、

一般的なイメージできる成り上がり生活だと思います。

 

ここまで極端なものでなくても、

お金を気にせず、

好きに行動することは誰もが夢見ていることだと思います。

 

じゃあ、偶然、金持ちの社長と知り合って、儲け話が舞い込んだ的な、棚ボタ的な話ではなくて、

 

必然的に大金を、

朝早く起きたり、

長時間労働したり、

誰かがやりたくない汚れ仕事をすることなく、

当たり前のように手にすることは可能なのか?

 

 

必然の成り上がりにはロジックがある

 

もし可能であるとするのであれば、

そこには、ロジックがあるはずです。

 

そして、僕はこれが可能だと思って、

実践して必然的に稼いでいる側の人間なので、

その辺を具体的なステップで説明しようと思います。

 

まず、成り上がりなんてものは、

今の時代は当たり前になりすぎて、

成り上がりでもなんでもないという事実があります。

 

というのは、

もう耳にタコができるくらい聞いて、

ウザくなってるかもしれませんが、

ネット証券登場、ネットビジネスの登場、YouTube、

などなど、インターネットというのは、

今までの社会構造をぶっ壊したんですね。

 

社会構造っていうか、

社会の暗黙のルール的なものをぶっ壊したということです。

 

過去の成り上がり方

 

例えば、今までは、

何か事業を起こすほとんどの場合って、

既存の組織の許可を得なければいけないことが多かったですよね。

 

まず独立したら、

どこか大手の会社と取引を開始して、

実績をつくって、その実績をもとに、

新しい仕事を請け負うというのがパターンだと思います。

 

ただ、これって一発目が超むずかしい。

 

僕なんかだと、

相手の言うことを飲まないといけない場面でも、

気に入らないなら聞かないし、

業界のルールとか常識だとか言われても知りません。

そもそも朝寝坊してしまう。

 

そして、偉そうな価値観が合わない人と一緒に仕事したくない。

ということで、不可能なわけです。

 

僕の場合は特殊かもしれませんが、

いわゆるまともな人でも大手との取引を一発目にするのはほぼ無理です。

 

その結果どうなるかというと、

そういう大手と取引できないけど、

なんとか会社を成り立たせている、

自営業者コミュニティにしか入れなくなります。

 

そこで、

「最近どうですか。不況で苦しいですね〜」

「うちもですよー」

なんて、ジメジメした空気の会話がなされていると、

いつしか、それが世の中の常識と勝手に錯覚します。

 

そして、常識と思うと、人間、苦しいことも

仕方ないと思ってしまうわけです。

 

でも、それは錯覚で、

不況とテレビが報道してる時でも、お金が集まるところには、

集まり続けているんです。

お金の総量は増え続けてるんで。移動してるだけ。

 

 

 

テレビで平均株価を毎日報道するのは意味がないけど、なんでやってるかというと、

数字に一喜一憂させるためのツールだから。

 

成り上がりのハードルは下がったというか当たり前になった

 

ネットでも、ちらほら怪しそうな人たちが、

年収1億!

月収3000万!

なんて、書いてるのみたことあると思います。

 

僕はインフォトップというノウハウ販売者たちの、

そういう集まりに呼ばれて行ったこともあるんですが、

あれは、半分本当だし、半分は背伸びしてがんばっちゃってる人達です。

 

ただ、一概に全てを

「夢物語」「詐欺師」

という言葉で片付けるのはもったいないです。

 

別にこのくらいゴロゴロいますから。

特に2019年現在の環境下ではやるかやんないかだけの問題ですから。

 

あなたが田舎住まいでも、都会住まいでも関係ない。

男だろうが女だろうが、何歳であろうと関係ない。

それがインターネットです。

 

というのは、さっきも言ったように、

ルールのあるところのみ、問題が発生するからです。

 

インターネットには、暗黙のルールとか、

業界のねじ曲がった常識なるものは存在しません。

(とりあえず、法律守ればOKです)

 

誰かのご機嫌取る必要もなければ、

自由に人間関係を構築すればいいのです。

 

誰かに嫌われたら、

ビジネスが回らないなんてこともありません。

本当に、自由です。

ブログつくるにしても、

動画つくるにしても、

トレードするにしても、

メルマガ発行するにしても、

全て勝手にやれます。

勝手にやりたい放題です。

 

勝手にやって、勝手に稼げる、

これがインターネットです。

 

コンテンツもパソコン一台あれば、無料で創造出来ます。

 

 

勝手にやって、勝手に儲けてください。

小難しい教材やら、DVDやらに翻弄されないようにしてください。

非常にシンプルです。

 

お金を使うべき優先順位

 

お金と人生には一つ法則があり、

「どれだけ早く、お金より大事なものに気がつき、それと交換することができるか」

で、ほぼほぼ決まります。

 

金のかけ方の話をしていきます。

 

資金を使うべき優先順位は以下です。(ビジネス構築編)

 

1位:情報

2位:広告

3位:外注

 

この順番です。

逆に言えば、これ以外に使わないでください。

今家にあるもので、なんとかしてください。

 

その変わり、上の3つ、

とりわけ、情報には、全財産使ってください。

正直、情報戦が全てです。

 

成り上がり初期段階戦略

 

特に、成り上がりの初期段階では、

この情報にいかに早くアクセスするかが勝負になります。

早くです。

 

実際、時間をかければ、誰でもアクセスすることができますし、

自分で導き出すこともできます。時間かければ。

早い順に、稼げる市場というのは、確実に存在します。

 

で、この情報に投資しまくっていると、

ある一定の原理が浮かびあがります。

 

これは教えてもらうとかではなくて、

自分でつかみとったほうが、自分なりの応用が効きます。

 

人間は誰ひとりとして、

全く同じ人生を歩んできてた人はいないですよね。

 

 

例外であることを恐れない認める

 

全く同じ市町村で、同じ公立学校で、義務教育を受けたにしても、

 

ある人は、いじめっ子だったかもしれないし

ある人は、いじめられっ子だったかもしれないし、

ある人は、先生が好きだったかもしれなし、

ある人は、先生に反抗ばかりしてたかもしれないし、

ある人は、モテモテで過ごしてきたかもしれないし、

ある人は、異性と一切会話することなく卒業したかもしれないし、

ある人は、、、、、

 

と千差万別なわけで、

全員に当てはまることなんてないわけです。

 

多くの人に当てはまることは割り出せても、

自分がその例外の方だったら、意味がありません。

 

そして、例外の方が、

成功する確率があがります。

 

現に、僕の年齢だったら、

薄給に苦しみながら、上司に怒られて、

早朝から、深夜まで仕事なんて人も多いでしょう。

 

でも、例外の僕は違います。

時間も資金もある程度あるし、

上司なし、部下なし、遅寝、遅起という生活。

 

じゃあ、大多数向けの情報、

マスコミの垂れ流す情報には、価値をおいていません。

となるわけです。

 

だから、これだと思う情報にぶつかるまでは、

貯金とか全く無意味で、

まずは、情報を買いまくるのが一番です。

 

で、これだと思う情報にぶつかったら、

次は、自分の商品をつくって、

それをリリースしてもいい。

 

実体験を元に人の役に立つコンテンツや、

人を楽しませるコンテンツを作れることは、

世の中に価値を産みます。

 

それに価値を感じる普通じゃない変わり者がいるかもしれません。

 

 

で、そのあとに、集客のために、とりあえず広告費を使ってみたり、

PPCでも良いし、雑誌広告でもいいし、無料オファーでもいいし、

とりあえず、「実験」をするために広告費を使います。

 

全て、無料で広告するのも可能ですが、

スピード感が欲しいなら広告だした方がよいです。

無料で集めると、時間はかかります。

 

無料と有料の差なんてない

 

無料と有料の差は、

集客を短縮するという程度です。

 

図にしたら、

リストビルディング(集客)←広告費で短縮

ステップメール(教育)

セールスレター(販売)

とこんな感じです。

 

なので、広告費つかったら

ビジネスのスピードが早くなるというだけです。

 

 

投資なら資金量の話。

「10万円からでもできますか?」

とかメールで聞かれますが、資金量の差は効率の差があるだけです。

資金量が多い方がレバレッジが聞くのは当たり前です。

 

早く手にしたお金は増やせる

 

1年後の100万と3日後の100万では、

断然三日後の100万円の方が価値が高いです。

お金は存在してるだけで金利が発生するから。

 

それに、世の中の流れって早く変わるので、

余裕ないうちは、稼げる時に稼いだ方が良いです。

 

広告で集める、成約率を改善する、さらに広告回す。

というのが、コンテンツビジネスの一連の流れです。

一番簡単な成り上がりステップではないでしょうか。

 

 

 

要するに、

 

・成り上がりにはロジックが存在する

・実は例外でない人間はいない

・お金は時間を圧縮するだけのツール

 

という話をしてきました。

成り上がりというテーマで話したのですが、

ビジネスの話が10割になってしまいました。

 

仮想通貨とかお祭り銘柄の株買ったとかの事例を話してもいいけど、

成り上がりロジックをもっとも語りやすいのはビジネスです。

 

ちなみに、これで終わりではありません。

 

課題というか、問題というか、

皆に考えて欲しいことがあります。

 

 

こういうロジックを考えたときに、

じゃあ、今から情報発信して見よかなと、思ったとする。

どんな媒体からスタートするのがいいでしょうか。

 

ツイッター、フェイスブック、ブログ、YouTube、インスタ、メルマガ、ライン、、

なんでも発信する媒体はあります。

 

どんな媒体で、どんな発信をしたらいいのか?

どうしたら最も効率的に成り上がることができるのか?

あなたなりに考えて意見を聞けせてください。

 

件名:「成り上がりプラン」

でお願いします。

 

 

それではまたメールします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です