0期生募集中

株で1億稼いで1億失くす。

どうも、専業投資家FXです。

 

前回のクイズの回答ありがとうございました。

回答をくれた方には全員に限定動画を返信させていただきました。

参考にしてください。

 

今日はクイズの回答の中でいいなと思うものを選んで紹介しながら、

解説していこうと思います。

 

他の人がどんな視点で見ているのか知るのも大切なので、

よく見て参考にしてください。

 

クイズを振り返る

 

クイズの内容は

「僕がこのチャートのこの場面で売りエントリーした理由はなんでしょう?」

という内容でした。

 

オーストラリアドルのこのチャート。

7580950__XM_COM-Demo_-_デモアカウント_-__AUDUSD_M5_

 

月曜日のオーストラリアドルのチャートでしたね。

(前の記事を参考)

 

 

まだ回答を考えていなかった人は、

回答を考えてから続きをお読みください。

 

クイズの回答を紹介

 

こんな回答をもらいました。

 

__________________________

専業投資家FXさま

おはようございます。
京都は雨が降っています。
じめじめですが、気持ちが落ち着く感じがして嫌いではないです。

さて、クイズの回答です。

質問:なぜここで売りエントリーをしたか。

回答:ヘッドアンドショルダーのネックラインを割った後、一旦戻したが、ネックラインでサポートされて再度下降したから。
リスク:ヘッドの上
リターン:前回安値( 0.7485付近)

リターンについては、画面の最安値を狙えば良いのかもしれませんが、おそらくまた戻しそうなので、私なら一旦0.7485付近で利確すると思います。

専業投資家FXさんや、他のみなさんがどのような回答をされるのかとても楽しみです。
みなさんの目線ってなかなか知る機会ってないですもんね。
ブログの更新楽しみにしています。

__________________________

 

神吉様、ありがとうございました。

・ヘッドアンドショルダー

・ネックライン

という言葉が出てきましたね。

 

ヘッドアンドショルダーとはこれ。

空白ページ 3

この形が出たらトレンドの転換点となるでしょう、と言われています。

結構基本的な形です。

 

ネックラインというのがこれ。

空白ページ 4

 

ネックラインをブレイクしたときに売りエントリーするのが鉄板。

 

この二つは料理で言えばパスタを茹でる時は塩を入れましょうってくらい、

基本的な法則です。覚えておいてください。

 

 

では、他の回答も見てみましょう。

 

______________________

専業投資家FX様

いつもお世話になっております。

shinyaです。

早速ですがクイズの僕なりの解答です。

①日足、4時間足共に下方向であること。

②赤いラインが1時間足でのレジサポラインでそこを
下方向にブレイクしたことから、売りエントリー。

③損切りラインは5分足という事もあり直近の山少し上(0.753、-9pipsくらい)

※もう一つ隣の山でもいいが、そこだと約-20pipsほどになり
リスクリワードを考えれば近いほうを採用。

④利益確定目標は直近安値(0.749、+29pipsくらい)
深夜時間帯ということと、そこから買い圧力が強くなっているので
いったんそこで止まる可能性があるため。

翌朝ヒットしていなければローソク足の動きを見て、最安値(0.746、+48pipsくらい)に移動させたい。

と考えての解答です。

以上です。

______________________

 

shinya様、ありがとうございます。

 

長期のトレンドも確認してとのことですね。

ちなみにオーストラリアドルの日足と4時間足はこんな感じです。

 

日足

7580950__XM_COM-Demo_-_デモアカウント_-__AUDUSD_Daily_

 

4時間足

7580950__XM_COM-Demo_-_デモアカウント_-__AUDUSD_H4_

 

下降トレンドですね。

最近日足での抵抗していたラインをブレイクして、

このメルマガでも先月から言っていたので、

爆益中の人も多いのではないでしょうか。

 

 

赤いラインが一時間足でのラインというのはこういうことですね。

(15分足で表示)

7580950__XM_COM-Demo_-_デモアカウント_-__AUDUSD_M15_

 

ネックラインになっていたラインはもともと意識されていたラインだっんですね。

みんな意識していたということ。

 

決済と損切りについてはこんな感じということですね。

新規投稿を追加_‹_専業投資家FXの365連休の作り方_—_WordPress

 

また深夜時間だからということで、

時間帯も意識されています。

研究されているのが伺えます。

 

 

次、行ってみましょう。

____________________________
いつもライマス教室などでお世話になっています。石本です。

ブログ読ませていただきました。
オーストラリアドルの問題について自分なりに答えてみようと思います

まずエントリーできる理由ですが、長期が下目線でサポを崩してきたという背景があった上で短期上昇の最高値をつけた押し安値(画像の赤ライン)を下に抜けてきたからだと考えます。

続いてリスクリワードのところですが、エントリーポイントのすぐ近くに目立ったサポラインもなく直近の安値までは距離があるので利益はある程度見込めると思います

損切りラインに関してはセオリー通りにするなら押し安値(赤ライン)を下抜けさせるにいたった売りの起点である戻り高値の少し上に設定しますが、短期だとそんなに綺麗にいく確率なんてそんなにないので短期上昇の最高値付近までは見る。という方法もアリかなーと思いますね

とてつもなく下手くそなこと言ってたりしたら是非ご指摘をよろしくお願いします!笑

 

__________________________

石本様、ありがとうございます。

 

環境見て、リスクリワードを考えて、

シンプルにいいと思います。

 

ここでは、

・最高値をつけた押し安値

というワードが出てきました。

 

これ、結構大切です。

 

例えばこのチャート。

空白ページ 5

 

このチャートの最高値をつけた押し目というのはここです。

 

空白ページ 6

 

 

それから、他のラインがないというのもエントリーできる大きな理由ですね。

 

ライントレードを本格的に学んでいる方にとっては簡単すぎたかもしれないですね笑

ありがとうございます。

 

 

 

他にもたくさん回答をいただきました。

____________________

専業投資家FX 様

お世話になっております。
高島と申します。

早いものでFXを始めて
4か月目に突入しました。
焦る気持ちを抑えながら
トレードと勉強の毎日を送っております。

さて、問題の回答ですが、

ダブルヘッドのネックラインをブレイクしたことが
売りエントリーの一つ目の判断材料。
損切りは直近高値
そして直近の大きな谷(ブルーのラインが始まっているところ)
まで価格が落ちる見込みがあり、
ペイオフレシオも十分であると判断できるので
売りエントリーができると考えます。

このメルマガ、初心者の私でも
分かりやすく解説されているので
いつもかかさず拝見させて頂いております。
いろいろと吸収させて頂いております。
今後ともよろしくお願い致します。

____________________

こんばんは!
いつも勉強になる話ありがとうございます!
クイズの答えはヘッド&ショルダーですか?
何回も止められてるラインを割ってきたので売りでエントリー出来るとおもいます!(見ていればの話しになりますが)笑

リスクはサポートラインを上回ったら損切りで、リターンは取れるだけとります!

クイズとても楽しいです!(^^)
毎回クイズだしてもらいたいです!あと答えあわせもお願いしますm(._.)m
お願いばっかりですいません(>_<)
今日の話でリスクとリターンの話とても勉強になりました!
またメール講座楽しみにしています!(^^)

____________________

 

こんな長期目線の回答もありました。
____________________

専業投資家様

こんばんわ

いつも楽しく拝見しています。

クイズの回答をメールします。
まず日足チャートの水平線を何度も抜けきらずこのたび下抜けしました。
5分足で0.750付近にて行き来、その後下に抜けたので売りでエントリー。
損切りは、日足水平線のチョイ上の0.765当たりにセット。
この様な感じではないでしょうか?

____________________

 

 

・・・・全部載せるときりがないのでここまでにしておきますが、

多くの回答ありがとうございました!

 

 

今日は前回のクイズから、

・ダブルトップ、トリプルトップ

・ネックライン

・最安値の押し目

という概念について解説していきました。

 

 

ちなみに回答としては、

トリプルトップ(またはダブルトップ)とネックライン、そして、長期環境が売りだから、

また、リスクリワードを考えて期待値がプラスになるという回答ができていればオッケーです。

 

 

 

練習問題に回答してくれた人は回答したことで考え方が定着したはずです。

また同じ場面きた時に、エントリーして利益を出せるはず。

思い切って積極的にアウトプットしていきましょう。

 

 

僕たちはチャンスが目の前に来た時のために知識をつけています。

当たり前ですが、

エントリーチャンスが来た時に思い切ってエントリーできる人が稼げます。

 

スポーツでもチャンスが来るのは一瞬。

その一瞬のために長い時間をかけて練習します。

 

FXの知識を身につけているのであれば、

チャンスが来た時にそれを発揮しなければいけません。

 

僕も多くの人を見てきましたが、成功する人には共通点があって、

いつも「ここ!」ってところで行動する方を選択してる人は成功します。

チャンスが来たときに思い切れると成功できるのはどの分野でも同じ。

 

 

 

迷っていたら時はすでに遅し、です。

 

相場もその時しかないんです、その波は。

全く同じ波は二度ときません。

 

 

最近サーフィンをやっている人と話していたのですが、

サーフィンのいい波を見極めて乗るのと、トレードってかなり似ているなと思いました。

 

サーフィンがうまい人は、

遠くの波の初動を見ることで、

その波が綺麗な波かどうかわかるので自分が乗るべきか乗らないべきかすぐにわかるそうです。

 

チャートの初動を見て大相場くるなーってなんとなくわかるのと同じですね。

何回も見てたらちょっとした違いでわかるようになってきます。

 

うまい人は無駄な動きがない。

スポーツとトレードの共通点ですね。

 

 

それでは今日は以上です。

 

 

ではでは。

 

 

PS

奥谷さんの動画ですが、

過去の失敗談を話しているて、

株で1億稼いでそのあと、ITバブル崩壊で1億失ったということでした。

【3】これが奥谷流、最高のFXツール!:FXスキャル・パーフェクトシグナル

 

そして安定的にコツコツ稼ぐためにいまの手法に落ち着いたと。

 

損切りしない怖さですね。

どれだけ自信があっても損切りは大切です。

エントリーのときに抱えるリスクは決めておきましょう。

(リスクの少ないところでエントリーしましょう)

 

動画3と4のまとめはまたしていきます。

 

というわけで以上です。

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です