0期生募集中

トクヤマで50%増、エントリータイミングと思考はこれで学ぼう。

どうも、専業投資家FXです。

今週もお疲れ様でした。

 

ドル円は目先の予想である109円付近をブレイクして、

110円台に到達しています。

 

現在のチャートを見ながら解説していきましょう。

 

ドル円の4時間足はこんな感じ。

ドル円四時間足

 

このようにしてみると、

110円台へ向かったブレイクは、

下からのトレンドラインと、水平線が交わるところ、

いわゆるライントレードの鉄板パターンの場面でしたね。

 

119円台のラインは前回も意識されていたラインなので、

重たそうでしたね。

ちょっと4時間足を広くして見てみましょう。

8606895

前回も同じパターンで急落からじわじわ上げてますね。

その時に壁になったのが109円台。

 

前回よりも今回は、

その前の下落が強かったのと、

安値更新もしているので、

2回目の同じ価格帯ではもっと押し目を作ると予想してました。

 

 

前回記事でも”不自然に上げてる途中ですが”と書きましたが、

上昇の勢いが強かったですね。

リバウンドの上げ方ではない感じ。

 

 

こう見ると、

109円台よりも110円台の方がすんなり動きやすいのがわかりますね。

意外に意識されてない価格帯です。

 

4月に、

114円くらいから始めて下降してきた時もすんなりブレイクしています。

 

ドル円110円ライン

 

こんな感じで相場は価格帯別に動きに特徴があります。

それでは今のチャートを復習して、してみましょう。

最初の画像と同じチャートでドル円4時間足。

 

復習するとこんな感じ。

ドル円手法

まず、下から落ちてきて、上げてきた場面。

このローソク足は買いに入れたなと復習。

 

急落の後、

下値を切り上げて、

前回レンジの上値ブレイク、

しかも移動平均線の上に出てきたパターン。

ここは買えます。

 

ちなみにトレハンFXでも同じところか少し前に買いエントリーできます。

どのロジックを使っても同じような感じになるのは、

相場のポイントはそんな多くない証拠。

 

 

さらにもう一つ紹介しておきましょう。

 

次の丸で囲んだところ。

下から上げてきて、

上値が重いと思われるラインでの下値切り上げながらの三角保ち合い。

 

ここでは一度意識されているラインをブレイクして、

戻し、再度ブレイクして上昇していきました。

 

さらにレジスタンスラインがサポートラインになっているいつものパターン。

 

この「一度ラインブレイク後、ちょい戻し、短期間での再トライ」

のパターンもよくあります。

 

こんな感じで、

一枚のチャートを味わいながら見ると、

いろいろとパターンを見つけることができますね。

 

同じチャートから1気がつく人よりも、

同じチャートから100気がつく人になると、成長は加速します。

 

読書してても自分の心次第で、勉強になったり何も得れなかったりしますからね。

 

さて、ドル円チャートの復習はこれくらいにしておきましょう。

エントリーできなかったところは反省、反省、反省、

そして発見、発見、発見、それらを次に活かす。

このルーティンでいきましょう。

 

 

それでは次は株も見ておきましょう。

 

前回、「トクヤマの買いと日経売りメインでトレードしてます。」

と書きましたが、

メール配信の次の日にトクヤマが一時ストップ高までいきましたね。

美味しい相場です。

MARKETSPEED

先週から50パーセント以上の上昇。

 

月足レベルのラインもあって、

リスクの少なくハイリターンが見込めたトレードでした。

 

一方、日経はほぼ動きなしですが、微妙に上げでした。

大きな視点で見ると微妙に切り上がりつつありますね。

チャート:日経225

 

この形は下降フラッグと呼ばれていて(名前はどうでもいいです。)、

ブレイクして下降するパターン多し。

空白ページ

 

日経はこんな感じです。

日経はまだまだ下降を狙っていきます。

 

 

もう一つ行きましょう。

今週、トクヤマの次に目をつけたチャートがこちら。

MARKETSPEED 2

JUKIという銘柄ですが、

しばらく下降してきて、

下値切り上げの三角保ち合いですね。

 

移動平均線上で安定してきて、

買いで狙いやすいところに位置してますね。

 

少し拡大してみましょう。

MARKETSPEED 3

僕が実際にエントリーしたのは先週の金曜日。

下ヒゲの陰線を見て、買いを入れました。

 

陰線で買いを入れるってこと自体あんまりしないのですが、

今回はチャートの位置がいいこと、

下ヒゲが長いこと、(買い勢力が強い)

1000円という意識されていたラインがサポートになっていること、

など、相場環境を加味しての早めのエントリー。

 

裁量トレードは環境認識が大きな割合を占めます。

 

あげてる途中もちょこちょこと買い足ししてました。

株はこんな感じ。

 

 

こんな感じで、

FXも株もそこまで大差はないです。

意識することは同じです。

 

ぜひ日足トレード、チャレンジしてみてください。

 

前回もさらっと案内しましたが、

あと2日間だけ公開中です。(5/23(月)12:00まで

登録して動画見ておいてください。

相場ゼミ動画セミナー

(公開終了・・また新情報は僕のメルマガで配信していきます。)

 

動画の2、3話目を見れば今回の記事の、

トクヤマやJUKIのエントリータイミングがより理解できると思います。

 

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました。

 

ではでは。

 

 

PS

あなたに質問。

 

人間の学習タイプを分けると四つに分類できます。

あなたはどのタイプに当てはまると思いますか?

また投資で成功しやすいタイプはどれだと思いますか?

 

1つ目に「なぜタイプ」

何でこれを知る必要があるんだ。

どういう結果が出るんだ。

どういうメリットがあって、

どういうデメリットがあるんだっていうことを知りたい。

なんで?ってことを知りたい。

 

2つ目に「なにタイプ」

何を知りたい。

これは何なんだということ、データです。

何らかのくわしいデータや情報がほしい。それを教えろ。

 

3つ目に「どうやってタイプ」

とにかくステップ・バイ・ステップのアクションプランがほしい。

どうやったらいいんだ。

とりあえずどうやったらいいんだ。

それを知りたい。それを教えてくれというタイプ。

 

4つ目に「いますぐタイプ」

もうとにかくやりたい。そんなことはどうでもいいから、何かをやらせてくれ。

何をやったらいいんだ。

じゃあいまこの瞬間、何をはじめたらいいんですかというタイプ。

とにかくすぐに行動したいタイプ。

 

この4つ。

 

あなたが投資を学ぶ上でどのタイプか教えてください。

またどのタイプの人が成功しやすいと思いますか?

その理由も添えて返信ください。

 

あなたの返信待ってます。

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です