0期生募集中

トレードで大切なことはラインと節目と大衆心理

どうも、専業投資家Fxです。

今週のドル円の相場を振り返りながら、
トレードに大切なことをお話していこうと思います。

それでは、まず日足から見ていきましょう。

米ドル_円_-_FXレート・チャート_-_Yahoo_ファイナンス

見事にレンジの中に戻ってきましたね。

先週はブレイクして、そのままレンジの上のラインで反発して

上昇トレンドに突入しそう!!

もし、このラインを無視して下げたら勢いあるよ。

と動画で話しました。

 

スイングでトレードしている人は、上昇トレンドを楽しみにしていたのではないでしょうか?

またレンジです。

 

結構分かりやすレンジ相場なので、ラインを意識して反発を狙えば、コツコツ取れる相場です。

 

それでは、1時間足を見てみましょう。

米ドル_円_-_FXレート・チャート_-_Yahoo_ファイナンス 2

 

指標で一円以上上げるという、大きなイベントがありましたね。

その上げは日足レベルでの抵抗ラインで反発してきたので、

想定内という方も多そうですね。

 

その後、高値の抵抗ラインは下がっていき、下値も切り下げてます。

1時間足で見ても、ライン反発狙いで10PIPSくらいを積み上げて行けば、初心者でもプラスにできたと思います。

 

一度なぞの大量の売りが出ましたが、特に材料があるわけではなかったので、

ヘッジファンドの注文でしょう。

結局ゆるゆると戻してきて、同じ価格帯に戻ってきました。

この時に焦って

「ラインブレイクだ!売り注文だ!」とやった人はおそらく、持ちきれなくて、買い戻しをした人も多いと思います。

なので、ラインに戻ってきた時点で買いで入れたあなたはグッドです。

 

メルマガで「レンジで大衆から搾り取る手法」みたいな題名の動画でも紹介してますが、レンジから一旦はみ出した後ラインに戻ってきたところはチャンスです。

大衆心理の理解は徐々に身につけましょう。

 

それでは、5分足。

米ドル_円_-_FXレート・チャート_-_Yahoo_ファイナンス 3

 

5分足です。

一旦謎の下げが起きた後、上昇してきた場面です。

しっかり、レンジの上値で反発しています。

 

最後にラインブレイクしてますが、ここで買いに入って、

ブレイクしたのを確認して、売りポジションに持ち替えることができれば、非常にいいトレードです。

 

まとめ。

分かりやすくラインが引ける相場だったので、

正しく引けていればスキャルピングで利益を増やせる相場でしょう。

特に難しいところはなかったと思います。

 

というわけで、今週のドル円の振り返りは以上です。

 

大切なのは、

ラインを引く事ができたら、

「ラインでの反発を狙うか、ブレイクを狙うか」

の2択しかないという事。

 

ライン際のトレードは、”ライン付近にくるまで待つ”、これが基本です。

反発するのかブレイクするのかは誰にも分かりません。

こんなレンジ相場なら反発を狙って、逆張り気味にポジションを持って、

ブレイクしてしまったら、損切りして、ポジションを持ち帰ればいいだけです。

 

ここで確実に利益を出せるようになるだけでも、

プラスにするのは簡単です。

 

 

というわけで、来週からも頑張りましょう。

 

 

ではでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です