テクニカル分析との出会いは無料動画

専業投資家Fx物語第五話です。

 

前回までの話はこちら↓

 

投資家になるまでの物語

僕がどのように、稼げるようになっていったのか、物語にしています。

これを読み終えれば、あなたも稼ぐ力が身に付く!?

 

第一話 FXとの出会いとホリエモンと部活

第二話 高校時代に得たものは世の中への不安そして安定への渇望。

第三話 起業したい大学生と就職活動の波。

第四話 公務員に就職して、一ヶ月目にFXを実際のお金でトレード!

第五話 テクニカル分析との出会いは無料動画  ←いまここ

第六話 ライントレードの出会いとスランプ期を抜け出した話(工事中)

 

 

どうも、専業投資家FXです。

ついに5話目です。

ここからFXの核心的な話に入っていきます。

 

僕は現在、ニュースや経済指数から価格を予想して

取引をしていくファンダメンタル分析は一切無視してます。

 

「そんなことして大丈夫なの?」

「いまだけ運で勝ててるだけじゃないの?」

という声が聞こえてきそうですが、一切必要ないのです。

 

ファンダメンタル分析の真逆のものをテクニカル分析といいます。

これはチャートを見て、その先どうなるかを予測して取引していくというもの。

 

「なんか占いっぽい」

「裏付けの根拠がなそうだしギャンブルっぽい」

そんな感じしますよね。

 

僕も初めはファンダメンタルこそ

投資だど思っていて難しい経済指数とか勉強していました。

 

でも、ファンダメンタルって勉強しても勉強しても

どこがゴールなのかよくわからないんですよね。

 

ふあふあした感じで、

いくら勉強してもトレード成績には関係なさそうな。

 

そんなとき、ふとネット上でこんなことがつぶやかれていました。

 

「ファンダメンタルで勝ってる投資家に出会ったことがことがない。勝ってる個人投資家は全員テクニカル分析派。」

 

本当に買っているトレーダーがいることもよく知らなかったので、

いろんな個人投資家の情報を見たり、

勝っている投資家が講師監修している教材に投資したりして、

いろんな情報を集めることにしました。

 

そしたら・・・・

 

みんな、テクニカル分析じゃん!

 

しかも、

 

根拠もあるじゃん!

 

 

僕がテクニカル分析の裏付けというか根拠に気がついたのは、

”相場のパワー”という言葉を聞いてから。

 

僕とテクニカルの出会いは無料動画

はじめの頃は、

FX商材の販売ページが怪しくて買う気になれず

無料動画で勉強して手法を想像しながら試していました。(笑)

 

これまで200万円くらいつぎ込んで学んできましたが、

正直、全然役に立たなかったものも存在しますが、

多くの知識が今の基礎を作りました。

 

今もどんどん知識への投資をして、

成長して行っていきます。

 

再現性の高い手法を一つ固める

 

その後は、FX商材を買いまくって検証していきましたが、

何も知識がないこともあり、学びながら素直に実践していきました。

 

はじめは、

RSIが○○で、ボリンジャーがこうなって、MACDがこうなってる。 ⇒ 買いだ!

みたいに単純に、真似すればいい系の商材を試していました。

 

 

トレードの結果は、だんだん安定してきて、

トレード結果の根拠を自分で考えるようになりました。

 

ここはどうして負けトレードになったのか?

エントリータイミングにミスがあったのか?

 

など考えるようになりました。

 

一つ、固定された手法を手にすると、

一つ一つのトレードに対して正しいのか間違いなのかを検証できるので、

できるだけ早く固定された手法を身につけることが大切だったんだと気がつきました。

 

あとから知ったのですが、

僕が出会った教材は再現性の高い手法というので有名でした。

早めに出会えてラッキーでした。

 

 

トレードを重ねて”相場のパワー”を理解できるようになってからは、

いろんな手法を活用できるようになりりました。

 

 

 

初めはこんな感じで、

再現性の高い手法を試してみる ⇒ 繰り返しやってみる ⇒ トレードの反省

というのを繰り返していました。

 

すると、

トレード結果は安定してきて、

毎月プラス収益を出せるようになってきました。

このころは元本100万円で5万円プラスとかでした。

 

チャートは個人投資家もファンドマネージャーも同じものを見て判断しています。

個人投資家だから不利であるとか、そんなことはありません。

 

チャートは一見無秩序に見えますが、そこには法則性があるのです。

 

「100%そうなる」という法則ではありませんが、

「そうなる可能性高い」という場所があるのです。

 

いわば、優位性が高い場所がある。

そこだけでトレードしていけば勝てるのです。

 

 

必ずスランプ期はやってくる

 

ルールをちゃんと守ることができれば

理論上は勝てることが出来る手法は開発されているのに、

なぜ勝てないトレーダーが多く存在するのかと言うと、

それはメンタルの問題です。

 

慢心したり、ルールを守れなかったり。

そして、僕もその中のひとりです(笑)

 

初めの頃は、FX商材通りにやって勝っていったのですが、

全然勝てない時期がありました。

スランプ期。

 

損切りができなかったり、

エントリーするべきでないのに”とりあえず買ってたり”、

自分の欲望がトレードの邪魔をしてしまうのです。

複雑にチャートを見てしまったり。

 

最終的にはシンプルに行き着いた。

とまあ、紆余曲折あって僕は、シンプルなところに行き着きました。

それが、ライントレードです。

 

もはや、RSIとか、MACDとかも使わなくなりました。

 

チャートにラインを引くだけ。

そして、ブレイクを狙う。

それだけ。非常にシンプルなので再現性は高いし、誰でも出来る。

 

僕はこの手法に行き着きました。

それでは、次回はライントレードとの出会いとスランプ期を抜け出した話をしていきます。

 

続き ⇒ 【第六話】ライントレードの出会いとスランプ期を抜け出した話(工事中)

 

続きができるまで、メルマガでライントレードを学んでください。

ブログじゃ言えないさらに詳しい話をお届けしています。

動画で解りやすく解説しています。(もちろん無料です)

⇒ 登録はこちら

 

届かない場合は、迷惑メールフォルダも確認してください。

(Gmailかyahooメールが届きやすいみたいです。)

 

ではでは!!

公務員に就職して、一ヶ月目にFXを実際のお金でトレード!

専業投資家Fx物語第4話です。

 

前回までの話はこちら↓

 

投資家になるまでの物語

僕がどのように、稼げるようになっていったのか、物語にしています。

これを読み終えれば、あなたも稼ぐ力が身に付く!?

 

第一話 FXとの出会いとホリエモンと部活

第二話 高校時代に得たものは世の中への不安そして安定への渇望。

第三話 起業したい大学生と就職活動の波。

第四話 公務員に就職して、一ヶ月目にFXを実際のお金でトレード!  ←いまここ

第五話 テクニカル分析との出会いは無料動画

第六話 ライントレードの出会いとスランプ期を抜け出した話(工事中)

 

 

僕は公務員として就職しました。

「一生公務員ってのもありなのかなー」

と脳裏に過りつつも、やはり一度変わった思考の方向性は変わらず。

 

ついに口座開設

 

就職してすぐに口座開設をしました。

本人確認は写メで免許証を送ればいいだけなので簡単でした。

一番始めに口座開設したはDMM証券。

 

ローラと清原がCMしてるとこです。

メルマガでも紹介してる「絶対に口座開設しておきたい証券口座」でも紹介していますが、手数料が安くて初心者にはおすすめです。

 

僕は当初、

スイングトレード(一週間くらいポジションを持つ)、

デイトレード(一日数回トレードする)、

スキャルピング(短時間で何回もトレードする)

という分類があることも知らないでトレードをしていました。

 

いわば、気分トレーダー。

一週間くらい持っておく事もあれば、一日で決済しちゃうときもあるという感じ。

トレードする根拠もテレビで円が今後下がるとか上がると言ってた!とかそんなん。

勝てるわけないです。

 

CFDにも手を出してみる

この時FXをやりつつも、他の投資にも興味があってCFDというものをやってました。

これは、トウモロコシとか、金とか、銀、プラチナ、日経平均株価に投資できるというもの。

僕はこれで、金に投資をしまくってました。(雑誌にめっちゃ上がるって書いてあったから)

 

これが、大当たりして、15万円くらい増えました。

元本が20万円だったので、ヤバい利益率です。笑

 

CFDを始めるにはFXとは別の口座が必要。

興味があればこちら → CFD取引は初めてでも簡単な4銘柄

 

DMM証券がやっているCFDの口座です。

僕もここで取引していました。

 

しかし、ビギナーズラックがいつまでも続く訳も無く、

金はそのまま置いておこうと思っていたら、

下がってきて、ロスカット(自動的に損切りされる)されて、

利益が全てなくなりました。

 

ドル円もトレードしており、”損切り”もこまめにしていたんですが、

どんどん資金は減っていき、最終的には3万円だけになりました。

証拠金がなくなって、取引できなくなったので、実質これが一度目の破産です。

 

なんとなくエントリーして、なんとなく決済する。

 

これを見ている人は、こんなトレードしていたら、成長できないし、お金もなくなるのでやめましょう。

一つでも手法を学ぶ事に投資するのが先です。

その後は、FXとCFDからは遠ざかって、株に手を出しました。

 

そうそうこの頃、

僕の周りには投資をやっている人が一人もいなかったので、

投資の話をすると「そんなの辞めておけ!」とか「借金とかすんなよ(心配)」みたいな反応ばっかりでした。

 

僕はいろんな成功者の本を読んで、

「若いうちに損をしておいた方がいい」という言葉を信じて、

投資で失敗しても、若い頃の失敗は成功の材料と考えていたので、

全くいたくありませんでした。

 

手取り15万円くらいしか無かったのですが、

このころは毎月5万円を投資にまわす事を決め

着実に実行していました。

 

ハピタスで60万円ゲット。

 

さらに投資に向ける資金を増やす為に、

キャッシュバックキャンペーンを利用して一気に資金を増やしました。

その時使ったのが、このハピタスというサイト。

 

ここに登録して、口座開設とかそのほかにもネットで買い物したりするとポイントが貯まって、現金と交換できます。

最終的にはここで60万円貯める事ができました(口座開設をたくさんすればすぐいきます)

 

ハピタスで資金を増やし、株に手を出す。

ちょうど、東北の震災があった時期で、

東京電力の株価は10分の1になっていました。

300円くらい。

 

僕はまたもや雑誌の情報で東京電力の株価は600円まで反発するという”噂”を聞いて、500株くらい買いました。15万円分ですね。

それから、クレアという5円の株を10万円分買いました。

これは、2チャンネルで騒がれていた銘柄で、仕立株として化けるぞ!という”噂”をきいたからでした。

 

ちなみにこの時使っていた株の口座はSBI証券。

安定感があって、今でも使っています。

FX口座もスマホでやりやすいのでここでやってます。

FXを始めるならSBI FXトレード!

 

まあ、”噂”で買ったりしてるようでは、当然勝てませんでした。

 

東京電力は200円まで下がったところで売ってしまい、(もっと下がると騒がれていたから)

クレアは2円までさがったところで売ってしまいました。このクレアは一年後に200円を超える株になりました。(あの噂は本当だったのです。笑 )

クレアを売ってしまったのは今でも残念ですね。40倍を逃しました。笑

 

長期投資を学ぶ

その後は、

オーレンバフェットの本を読んでファンダメンタルから株価を見て長期投資する手法を学びました。

その中でもこの本はおすすめです。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

結局、

バフェットの手法を真似ることは無かったのですが、

世界一の手法から学ぶ事はたくさんありました。

 

バフェットの本を読みあさり、

割安な株をどんどん買っていきました。

 

ソニー、三井商船、富士フィルムなど。

時期もよくて、全て+20%の利益がでて決済しました。

 

こうして、株の長期トレードをやっていました。

まあ、いまでも長期保有してる株はいくつかあります。

 

が!

 

株の価格は業績がいいから上がるとか、

いいニュースがでたから上がるとかそんなものではありません。

 

多くの株を機関投資家などの”投機目的”の人たちが持つようになってから、

関連性がなくなってきたのです。

 

それに個人投資家がニュースを見てから買ってもギャンブルと一緒です。

 

そして長期投資を前提に買うと、

一回でも、”下がり続ける株”にたまたま当たってしまったら終了です。

 

長期投資なので損切りという概念がないので、

下がり続けても塩漬けにする以外ないのです。

 

下がり続ける株に出会わなければいいですが、それは運です。

すなわちギャンブル。

 

本気でやる以上、

”ふあふあ”した部分を取り除いていかなければいけません。

 

このように考えるようになり短期トレーダーとなっていくのですが、

そのキッカケはある動画との出会いでした。

 

FXを本格的に再開しだしたのも、

動画でFXトレード(テクニカル)を教えている彼に出会ってからでした。

 

続き↓

【第五話】テクニカル分析との出会いは無料動画

起業したい大学生と就職活動の波。

どうも、専業投資家FXです。

このシリーズでは僕が専業投資家になるまでを振り返って書いていきます。

これを読めば、知識や考え方の基本が出来上がるはずです。

 

投資家になるまでの物語

僕がどのように、稼げるようになっていったのか、物語にしています。

これを読み終えれば、あなたも稼ぐ力が身に付く!?

 

第一話 FXとの出会いとホリエモンと部活

第二話 高校時代に得たものは世の中への不安そして安定への渇望。

第三話 起業したい大学生と就職活動の波。  ←いまここ

第四話 公務員に就職して、一ヶ月目にFXを実際のお金でトレード!

第五話 テクニカル分析との出会いは無料動画

第六話 ライントレードの出会いとスランプ期を抜け出した話(工事中)

 

 

今回は大学生の話とその後。

僕は大学に入ったら投資をやってみたいと思っていた。

そして、実際に大学生になった。

しかし、僕は投資どころか、口座開設でつまづいていた。

 

投資系の本は何冊か読んでましたけど。

 

影響を受けた本

 

一番最初に読んだ本は、あの超有名は

「金持ち父さん、貧乏父さん」

金持ち父さん貧乏父さん

これを読んだ時は衝撃だった。

まだ読んだ事が無い人は読んで欲しい。

 

これを読んだら、

投資をしないことがバカらしくなるし、

起業しないことがバカらしくなる。

 

サラリーマンに甘んじている事が我慢できなくなる一冊になってます。

手元に無ければ買うべき。

 

僕がこれを始めて読んだのは19歳のころ。

大学の図書館で出会った。

ネットで評判がよかったので。

探したら図書館に置いてあった。

 

本の内容はあまり書けないけど、

最初、僕はこの本の内容を信じようとしなかった。

 

「こんなのウソ、それか特別な人だからできただけだろう。」

 

だって、そう思わないと僕が信じてきた過去の価値観が壊れてしまうから。

きっと、僕が素直に読めなかったのはこれくらいの理由だったと思う。

でも、この本を読んでから僕の価値観は劇変した。

 

20代前半で起業する!と決めた。

投資をする!と決めた。

 

この本にであって以降、色んな事をやってみた。

イベント事業や、オークションビジネス、NPO起業セミナー合宿。。。。など。

 

しかし、投資はまだしなかった。

 

資金がないというもある。

それより、怖かった。

まだまだちゃんと勉強しないと投資を始めてはいけないという謎の縛りを自らにかしていた。

 

やれば、全て理解できるのに。

 

いくら本を読んでも理解できない。

実際にお金を投資してみると本に書いてある事がすいすい理解できる。

これは当たり前すぎることなんだけど、最初の一歩がどうしても高かった。

 

口座開設の資料請求をするまではいいんだけど、

その先の手続きが面倒になってやらないまま。

 

結局大学生のときにやったのは、

デモ口座で株をやってただけ。

トレード結果はプラマイゼロくらいだった。

 

この時はまだ、

ライントレードという言葉もしらないし、

そもそもテクニカル分析と

ファンダメンタル分析という

2つの分析方法があることも知らなかった。

 

すべてのトレーダーはニュースをチェックして、

素早く判断してトレードしているのだと思っていた。
(それはだたの想像で、ニュースと価格に相関関係はないことに後々気がつくのだった。)

 

むしろ、チャートに線を引くなんて手法を知ってたとしても、

「占いかよ!」と一喝して終わってたと思う。笑

なぜ、そのような手法が有効のなのか?深く考えることはなかっただろう。

 

 

僕は、このころ自分の生き方についてかなり悩んでいた。

 

そんなとき僕の背中をしてくれた本があった。

それは、高橋歩の「毎日が冒険」

新装版 毎日が冒険

この本は軽い感じで読めるので、大学生なら絶対読んで欲しい本。

「こんな生き方もありなんだ!」と思わせてくれる本。

 

僕は、これを読んでから、

自分の感じたように生きる事に決めた。

他人が言ってるからそれに従うとか、

常識ではこうだから、とかそんなのどうでもよくなった。

 

”自分が感じたこと、それが正解”そう思うようになった。

 

そして、職業があって生き方が決まるのではなくて、

生き方が先に決まってて職業を決める。

僕は、自由な生き方を選びたかった。

 

と、言っても、すぐに人の考えは変えられない。

20年掛けて作り上げられた価値観を変えるには、相応の時間が掛かる。

 

大きな船が方向を変えるのは、時間が掛かるようにね。

ぐ〜っと進路を変えていかなきゃいけない。

 

その点どれだけ若いときに、

自分の理想を後押ししてくれるものに出会えるかで人生は決まると思う。

 

でも確実に僕の考え方の方向は変化していた。

 

毎日勉強するようになった。

もっと、世の中を知りたかった。

 

バイトは時間の安売り

 

学生時代はいろんな経験をしておこうと、いろんなバイトをやってみた。

 

定番のコンビニバイト(950円/1H)夜勤

キャバクラのボーイ(1200円/1H)

プールの監視員(750円/1H)

居酒屋のホール(850円/1H)

イベントスタッフ(900円/1H)

 

こんな感じ。

 

イベントスタッフは、

野球のWBCとか見れて楽しかったけど、

それ以外は時間を切り売りしてるだけだなと感じた。

しかもかなり安売り。

 

普通の学生は、

「一時間で900円貰ってる!!!イエイ!」

という感じだろうけど、

 

僕にとっては

「900円で人生の中の一時間を提供してる!(安い気がする)」

という感覚だった。

 

自分の持っている、

”時間”という資産をどう使うかで、

価値が全然変わってくる。

 

自分で時給800円のバイトを選んで、

そこに時間を売るなら、僕の価値は一時間800円になるし、

時給1000円のバイトに、時間を売るなら、僕の価値は一時間1000円になる。

 

時間とお金の関係を深く考えると、

面白い!そう感じた。

 

世の中には年間4200億円の報酬を貰うファンドマネージャーもいる。

彼と、僕の一時間の価値は本当にそんなに違うのだろうか?

 

その答えは、

算出することはできないけど、

僕は一つの答えに行き着いた。

 

世の中には2種類の人間がいると。

 

それは、

・他人に人生の価値を決められる人

・自分で自分の人生の価値を決められる人

がいるということ。

 

雇われてる人は、

ほぼ他人に価値を決められている。

 

そしてそっち側の人間の価値には限界があり、

自分で価値を決める側の人間は上限が無いという事にも気がついた。

 

キャバクラのボーイ時代に感じたこと

キャバクラのバイト中に、何回かオーナーがお店にくることがあった。

 

そのとき必ず、オーナーは店長を怒鳴り散らして帰っていった。

見てないけど、手も出てたと思う。

 

「お金を出して時間を買えば、自由に動かせるだけじゃなくて、ゴミの様に扱ってもOk」

お金の力ってすげー。そう実感する瞬間でした。

 

世の中お金を絶対視しすぎで、お金に服従しすぎです。

 

お金を貰っているから、逆らえない。

そんなのあり得ない話ですよ。

これも日本教育の賜物でしょう。

雇う側はやりやすい。

 

時間 = 人生

 

人生は時間でできてます。

時間がなくなるときが人生終わるときだから。

 

時間 = 人生

 

これを理解している人なら、

進んで雇われになる人はいないでしょう。

 

進路に迷っている時に父が他界

 

大学三年の3月、

僕の父が他界した。

 

急な出来事過ぎて現実を受け入れるのに時間が掛かった。

 

 

周りは就職活動で忙しい時期だった。

僕も起業したいと思いつつ、行動できないでいた。

 

結局僕は、地元に帰り就職する事にした。

そして、公務員として就職が決まった。
僕の脳裏に

「起業とか考えないで、役所にいたら一生安泰だな」

という考えが浮かんできた。

 

 

僕が就職するときは、

サブプライムローン、リーマンショックの影響を受けていた時期で、

就職ランキングのトップは公務員だった。

 

まわりの学生からは羨ましがられ、

親や親戚は喜んだ。

 

「こんな人生もありなのかな〜」

 

なんか、ふあふあしてた。

そして、そのまま卒業、そして就職。

 

続き

【第四話】公務員に就職して、一ヶ月目にFXを実際のお金でトレード!